有機食材サービス 大地を守る会

February 01 [Fri], 2013, 13:03
大地を守る会が設立されたのは1975年です。今から38年も前なんです。
その当時の日本はどのような時代であったかというと、時はオイルショックの後なんですね。

この頃、有機野菜を作ろう。安全な野菜を消費者に提供しよう。といったような声は今ほど多くなかったと思います。

そんな時代に、大地を守る会は誕生しました。

でちょっと、この「大地を守る会」今では評判ではありますが、この名前ちょっと不思議に思いませんか。

普通、野菜の宅配サービスだと「新鮮野菜」のような名称が付きそうですが、大地を守る会はちょっと違います。

ただこれにはこの会を設立したことの時代背景や、創業者の深い考え方があるのです。

では、誕生の経緯をみてみましょう。

【大地を守る会の考え方】

大地を守る会が設立された頃の農業は、農作物は大量生産がもとめられ、野菜を生む土壌は、工業製品のように多量の化学肥料や農薬が使用されていたと思います。

出荷される農作物の体裁が整っていれば、その製造過程はあまり重視はされていなかったと思います。

 ただ、当然にこのような農業の方式では、化学肥料の多用による環境汚染や残留農薬の人体への影響が問題となっていたことは説明に難くありません。
大地を守る会の問題提起はここあったのです。
微生物やミミズさえ生存が難しい大地を後世に残すことは、いずれ人間にもツケがくると思ったわけです。

口コミだけではないのです。
生きた大地の味のする野菜を試してみてください。

↓↓↓生産者のこだわりが野菜で感じ取れます!↓↓↓
>>>お試し野菜セットは送料無料980円なのでお財布にも優しい!







野菜の安全性を重視する大地守る会

January 30 [Wed], 2013, 13:00
大地を守る会の野菜は、できるだけ農薬を使わずに野菜を作りたいと考えているのです。

ほうれん草を例にとって見てみましょう。

ほうれん草の出荷出荷までの農薬使用回数は、一般の栽培方法では7回。特別栽培では4回の撒布となっています。
しかし、大地を守る会の栽培方法では、なんと0回。
農薬を使っていないのですね。


ほうれん草は葉がやわらかいため、アブラムシ等の害虫に被害を受けやすいのですが、大地を守る会では、知恵や手間をかけることによって、安全な野菜が作れるよう努力をしているわけです。

大地を守る会の野菜が安全であると口コミされるのは、こういった野菜づくりへの思いがあるのですね。


美味しいと評判で、安全な大地を守る会の野菜を是非食べてみてくだい。

↓↓↓なんと!農薬散布0回!↓↓↓
>>>家族に食べさせたい安心のお野菜は大地を守る会で!







野菜の安全性がとりあげられる時代

January 28 [Mon], 2013, 12:59
近頃では、残留農薬の問題や、原発事故による放射能が世の中を騒がせており、食物、特に野菜への安全志向が高まっているのではないでしょうか。

 スーパーの野菜売り場や、口コミ、評判でも、どこの野菜は安全だとか、生産者の顔が見えて安心だというような話を良く耳にします。

最近の消費者の方は野菜がどこで作られ、どのような肥料や農薬が用いられたという情報にすごく敏感になりましたよね。

ちょっと前には産地偽装の問題もよくニュースになっていましたから、消費者としては農作物の生産情報について正確で安心な情報が欲しいというのは時代の流れだと思います。

このような問題に対し、大地を守る会の安全性への取り組みをちょっとみてみましょう。

↓↓↓生産者の顔が見えるこだわりの野菜!↓↓↓
>>>美味しいお試し野菜セットは送料無料で980円からありますよ!







P R
http://yaplog.jp/daichi01/index1_0.rdf