留守のときでも明かりがつくようにしておこう

October 08 [Fri], 2010, 10:38
長期間、留守にするときはできる限り、留守だと悟られないようにするのが鉄則です。

空き巣や泥棒に留守だとばれると、簡単に侵入されてしまいますからね。

留守だとばれないようにするためのコツは三つあります。
まず一つは、郵便の扱い。
郵便ポストに郵便物がたまらないように、郵便や新聞を一時とめて置くようにしましょう。
おおむね、1ヶ月程度は止められるようですから、長期間、旅行に出かけたり、帰省する場合には届出を出して止めてもらうようにしましょう。
二つ目は、留守の間も、部屋に明かりが灯るようにしておくことです。
今では、タイマー設定で、時間になると、部屋の明かりが灯るタイプのシーリングライトも


続きを読む