ア・イ・シ・テ・ルのサイン わたしたちの未来予想図  

February 17 [Sun], 2008, 18:28
ア・イ・シ・テ・ルのサイン わたしたちの未来予想図 

作詞作曲 吉田美和


ちゃんとあなたに 伝わってるかな?


ねぇ あなたとだから ここまで来れたの
ねぇ あなたとだから 未来を思えたの
どんな明日が待っているかは
誰にも分からない毎日を
あたりまえのように そばにいて
いろんな゛今日"を 過ごして来たの だから

ちゃんとあなたに 伝わっているかな?
メット5回ぶつけたり ブレーキランプ踏んだり
ア・イ・シ・テ・ルって 伝えられてるかな?
ふたりの“今”が“昨日”に変わる前に


ねぇ あなたとだから けんかもできるし
ねぇ あなたとだから あたしはここにいるの
思ったようにかなわない日も
不安だらけの日も 毎日を
あたりまえのように そばにいてくれて
あなたとの“今日”に 感謝している だから

ちゃんとあなたに 伝わってるかな?
花火振り回しながら ハートを5つ書いたり
ア・イ・シ・テ・ルって伝えられてるかな?
ふたりの“今”が“昨日”に変わる前に

ねぇ わたしたちの未来予想図は
またどこかへたどりつく途中
一緒にいるこんな毎日が
積み重なって描かれるの だから

ちゃんとあなたに 伝わっているかな?
おでこ5回ぶつけたり 何度もキスをしたり
ア・イ・シ・テ・ルって伝えられてるかな?
ふたりの“今”が明日に変わる時も

新しいサインが 増える時にも

寒くなると 

February 13 [Wed], 2008, 15:26
寒くなるととにかく眠い…。

朝も布団のぬくもりから抜け出せず、いつもよりも30分も起床時間がおそくなる。

さあ大変。

いそいで顔を洗い、子供たちを起こし朝ごはんのしたく。

ああ。慌ただしい。

明日こそは早く起きよう。

早く寝よう。

といってもいつも子供たちに添い寝して早く寝ちゃうんだけど・・・笑

寝姿☆ 

February 05 [Tue], 2008, 14:53
いつも半目(;^_^A
  たまに恐い。寝るか。

えぇゾウ!! 

January 19 [Sat], 2008, 15:43
私の住んでいる近くですが、刈り取りの終わった田んぼに、自作の馬や象が置かれています。
楽しいですね。良い趣味だと思います。この前の道は小学校や中学校の通学路にもなっています。
数年前にも一度テレビ取材を受けていたようですが、今年もあったらしいです。

肛門から・・・!!!( ゚  ゚ ; )エエッ!? 

January 13 [Sun], 2008, 0:59
連休の前夜から、次男が突然の高熱を出してしまいました。
とりあえず、坐薬で熱を下げて対処し、土曜日の朝、かかりつけの小児科を受診。
扁桃腺が腫れているからだと診断され、お薬をいただいて帰宅しました。
そして日曜日。
熱も微熱ほどまで下がり、元気に遊べるようになった次男に安心し、その日は家族みんなでビデオ三昧でダラダラと過ごしておりました。


と、ハプニングは、夜の6時に起こりました。
次男がウ○チをしたので、おしりを洗っていたら、ん?肛門から何か出ている・・・。

何か食べ物でもひっかているのかなぁと思い、軽く引っ張ってもなかなか取れない。

その白いのを軽〜く触るだけでも「いちゃいいちゃい!!!」と痛がる・・。

触った感じ、食物残渣にしては大きい感じがする・・。

何かなぁ〜、と思い、横にさせて見てみると、幅1センチ、長さ3センチの白いものが飛び出ている・・・。


え!?何これ!?

もしかして腸!?


すぐさま夫に見てもらいました!
私:「何これ?もしかして腸!?ちょっと触っただけでものすごく痛がるんだけど・・!」
夫:「え〜!?腸ってもっとピンク色だと思うけど・・・。なんだろう・・・。(ちょっとさわる)」
次男:「いちゃいいちゃい!!!(泣)」
私:「痛がるでしょう?やっぱり腸なんじゃ・・・!」
夫:「腸じゃないと思うけど・・・。いったいなんだろう。とりあえず病院にいったら?僕、小児わかんな   いし。」
病院に連絡し、小児科の先生に診てもらいました。
「寄生虫ではないし、白いけどどうも腸のようです。小児ではどうすることもできませんので、外科を受診してください。」と言われ、当番病院の紙を渡されました。
ここも総合病院でしたが、外科の先生は呼べないの一点張りでした。
当番病院に書かれている紙も、整形外科と外科だけで、小児外科はなし。
かかりつけの病院の対応に、終始納得のいかなかった主人は、自分の大学にきくことにしました。
そして、1時間の奮闘の結果、某総合病院へ何とか受診できることになり、その病院へむかいました。
小児外科の先生も、連休の中間の夜中、わざわざ高速道路に乗って病院へ来てくださいました。

私達夫婦は、手術になるとしたら、こうしてああして・・・、と心配で仕方がなくて、決して冷静ではない状況の中、頭をフル回転させて考えていました。
そして、先生到着。
すぐに診察してくださいました。

オムツを外して、「先生、これです・・」と見ていただきました。
先生の表情が、「ん!?」
数秒後、先生がその白いものに手をかけ、すーっと引っ張りました。
私も夫も息を呑みました!


すると・・・、

ポンっととれた・・・・!

先生:「貝でも食べたんじゃないですか!?」
私:「いえいえ、貝なんて・・・!」
先生:「なんだろう、これ・・・、とにかく、食物残渣ですね。(失笑)」

夫と私、心の声:「ひよえ〜〜〜〜〜っっっっ!!!なんでもなくてよかったけど、大騒ぎして先生に高速にのってまで来ていただいてるのに、なんでもないっていうのも素直に喜べない!!!
すみません〜〜〜〜!!!」

加えて私、心の声:「しめじだ・・・!」

そのあと、私達夫婦が、終始平謝りだったのは言うまでもありません。

帰路の中、夫に大騒ぎしてごめんなさいと謝りました。
夫も、「腸ではないとは思ったけど、何かわからなかった。医者としての沽券に関わる出来事で、恥ずかしい。わからなくて申し訳ない。」と言っていました。

今回の出来事で、患者がたらいまわしにされる気持ちがよくわかりました。
医療体制の不備の程度や、医者としての品位がわかる出来事でした。

それにしても次男よ、いちゃいいちゃい!って、しめじですから!!!
やっぱり2歳児の言うことは真に受けてはいけない・・・。

明日からふるさとダービー松坂 

December 28 [Fri], 2007, 23:37
明日からふるさとダービー松坂(G〓)が開催ですね。
今日は競輪はお休みです。大きなレースの前は地元開催のF〓位しか開催されていません。明日からの松坂に期待してます。
出場選手をみましたが、いい選手ばかりです。四国の選手は徳島の選手ばかりで、愛媛、香川、高知の選手が出場してないのが残念です。
石川県の小島選手はまだ怪我の状態が回復してないのでしょうか。
今回も出場してないみたいです。年末のグランプリに間に合うのでしょうか。そのためにも怪我がよくなっているのなら、調整も兼ねて、出場してほしいです。
明日からのレースが楽しみです。

そば前酒の王道を行く(1) 

December 19 [Wed], 2007, 6:27
この店『松●●●』は、もともとわたくしが一人暮らしをしていた場所の近くにありました。
今の自宅や勤め先がこの店からかなり離れたところにありますので、ここ数年はそば屋酒に興味をもちながらも、
仕事帰りにここまで来て1杯…というわけにはいかないなあと思っていたところ、
昨年の冬に街の中心部へ移転していたことが判明!
早速、仕事帰りに何度か寄っています。

いやあ、ここはそば前酒が好きな人のための王道を行っている店ですね。

酒はビール、焼酎、日本酒、ワインがあり、特に日本酒の種類は豊富です。
肴の種類はそう多くありませんが、板わさ、玉子焼き、そば味噌などの定番は押さえています。
何より1人で食べるのにちょうどいい量なのがいいですね。おそらく1人客が多いのではないでしょうか。
蕎麦はせいろ(店では「おせいろ」と呼んでいます)と田舎の2種類があり、
蕎麦だけ食べるのであれば多少物足りない量かもしれませんが、
酒を飲み、肴をつまんだ後には適当な量だと思いますね。

お客さんはわたくしのような中年オヤジがほとんどです。多くても2〜3人連れといったところでしょうか。
蕎麦屋の奥が板前料理店になっているようで
(同じ店名の料理店がテナントビルにあったと記憶していますが、一緒に移転してきたのでしょうか)、
宴会が終わったグループが店を出るところを見かけることはあります。
そのせいでしょうか、店の方も和服姿の女将をはじめとして、ほとんどがわたくしと同年代がそれ以上の女性で、
これがまた店の落ち着きというか安定感のある雰囲気に一役買っているような気がします。

今夜もまずはビールを1杯。サッポロの生です。
瓶ビールはキリンやアサヒも揃えているようですね。
肴は自家製さつま揚げと焼き鳥をお願いしました。

さつま揚げはもともと好物なのですが、弾力がありふっくらとしていてウマイ!
焼き鳥もジューシーでウマイ!

ビールの次は焼酎をいただきます。
銘柄を決めて頼むこともできるのでしょうが、単に「芋」の「水割り」でも通じます。
水割りの場合、焼酎と水の加減でずいぶん味の印象が変わりますが(基本は7対3などと聞いたことがあります)、
「濃すぎたり薄過ぎたりした場合はおっしゃってください。作り直しますから…」という気遣いもしてくれます。

続いて天抜きと焼酎をもう1杯。
天抜きは天ぷらそばのそば抜きということですが、わたくし、具はかき揚げが基本だとばかり思っていました。
そういううわけでもないんでしょうかね。ここはつゆの中に小振りの海老天が(たしか)4本浮かんでいます。
つゆに浸った天ぷらは酒の肴にピッタリですね。焼酎が口の中の油っぽさを流してくれる感じがまたいいものです。

締めの蕎麦は田舎を1枚。
「田舎」というと太い蕎麦のイメージですが、
この蕎麦は決して太過ぎず、それでいてしっかりとした歯ごたえもあって、濃い目のつゆと良く合います。
香りもいいですね。

最後にポタージュ状の蕎麦湯とお茶を飲んで終了です。
この間、ほとんどピッタリ1時間。
至福のひととき…などと大袈裟にほめたたえるつもりはありませんが、
この店、「万事につけて程がいい」と思います。
お勘定は〆て4,150円。

また来よう…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:daerhe682
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像あんな
» 寒くなると (2008年02月15日)
アイコン画像よしや
» 寝姿☆ (2008年02月07日)
アイコン画像ネオニート
» 肛門から・・・!!!( ゚  ゚ ; )エエッ!? (2008年01月18日)
Yapme!一覧
読者になる