教育の私の理解

August 30 [Fri], 2013, 11:49
それらの豊富な人の息子、教育の問題を解決する観点から、提出のほとんど。他の人からの寄付、「息子は教えにくい」視点自分意見を否定しました。高校中退 サポート校これらの貢献からわかった、「息子は教えにくい」トピックには、学校・家庭・地域の教育のすべての側面が含まれます。これは息子の教育がない教師、両親、コミュニティの責任だけも良い環境を作成する人の息子の健やかな成長のための義務を示しています。この議論の終わりには、幅広い視聴者の議論に参加に感謝しております。「息子は教えにくい」の問題を解決する方法最終的には、この議論はまた努力必要ですが。概要と読者、役に立つことからの貢献の分析。


高校中退 サポート校

溺愛して誤解の息子に責任を持つ親を教えることは困難貢献のかなりの割合は、両親、特に息子に若い両親あまりにも多く愛している溺愛のポイントにもいくつかの都市でと考えています。高校中退 サポート校息子やり自分の家で決して自己中心的、学校ままにバインドされている教師に頭痛を与えます。深圳南山実験学校の教師が黄魏と述べた:"今自己認識、特に強い、個々 のセンターの息子は他の誰かが彼をされると思う、これは事故です。家族の教育の責任は、息子の周りの人々 の世代に余分なケア、Coddling の過剰な。通学、ランドセルと乳母のバック現象から手を繋いでいる祖父母がたくさんあります。”
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:daddo
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/daddofeppeq/index1_0.rdf