大嫌いで、大好き。 

June 01 [Thu], 2006, 22:56
ねぇ、君は優しすぎた。
君の気紛れな優しさは、どれだけの人を救って、傷つけてきたんだろう。
あたしはね、君の一番になりたかったんだ。
信用してくれなくて良い、
好きになってくれなくて良い。
ただ優しくしてくれれば。
ずっとそう言って来たけど、ホントはそんな事無かったよ。
君の一番はいつだってあたしの横に居る人で、
あたしは一番にくっついてるから優しくしてもらえてた。
でもいつからか、君の一番があたしの周りから居なくなった。
だから君もあたしから離れていきそうで、恐かった。
だから君を好きにになったんだよ。
どうしても、あたしを気にかけて欲しくて。
でもダメだった。
少しずつ、
ほんの少しずつだけど、君の態度が変わって来た。
いつからかあたしの中で君は、大好きな人から、恐れの対象になっていたんだ。
君に嫌われたくなかった。
でも思ったよ。
あぁ、見捨てられたな。って。
それでも縋ったあたしを相手してくれてありがとう。
でも。
破るって分かってる嘘は吐かないで欲しかった。
こんな事言える立場じゃないのは分かってるけど。
君にとっては優しさだったのかもしれないけど、あたしが君をどれだけ信用しているか
君は分かっていなかったんだ。
君の優しい嘘は、あたしを一番傷つけてた。
君への感情は、
愛でも、友情でも、恋でもなくて、
ある種憎しみにも近い、
依存だったんだ。

自己嫌悪 

May 28 [Sun], 2006, 0:05
なんでよ。ねぇ、なんで?
やめてよ。
あたしにそんな事言わないでよ。
ホントに。辛いから。
お願い
少しだけ。後少しだけでいいから。
あたしを見放さないで。
見捨てないで。
君に見放されたら次はあたしどうなるか分かんない。
あたしには君しかいないんだから、
君にもあたしだけが居れば良いのに、
君が優しいのは誰に対しても同じ事。
お願いだから…

でも、こんな事言ってるあたしはなんて我が儘なんだろう。
今まで見放さないでくれてありがとう。
ホントに感謝してるよ。
大好きです。これからも、今までも。
でも、今だけは、君なんか大嫌い。
そう思ってないと自分が壊れてしまいそうで恐いよ。

なんかぐちゃぐちゃ。 

May 20 [Sat], 2006, 22:43
体育祭…勝てた…自分の学年も、
リレーも、皆勝てたのに、ダンスだけ出来なくて、
総合優勝も出来なくて。

あの人が優勝旗貰った時には泣き崩れてた。
何が自己満足だろ。
結局あたしも自分が大事なんだな…
あんなに反則してたあいつを見て怒ってたのに
はちまきとか貰って嬉しくって。
でもその後のメールで馬鹿みたいに落ち込んで。
馬鹿みたいな賭けして気にしてない振りして。
告白された友達がウザいって言ってた事を
あたしはあの人にしちゃってるんじゃないかな
ホント馬鹿みたい…

進級 

April 29 [Sat], 2006, 22:04
進級しました。
まぁ結構前だけど/笑
うん、とりあえず、好きな人とクラスはなれて、
仲良かった子もクラス違うけど、
結構良いクラスなんだと思う。
平和そうだし。
体育祭も結構盛り上がってるし。

でも。あたしはあの人が壇上で優勝旗を持ってる時にあの人の為に
得賞歌を吹きたいです。
ささやかな自己満足でいいから。

いつか懐いていた猫は、お腹すかしていただけで。 

March 03 [Fri], 2006, 23:38
昨日はー…
ホントに壊れてたと思う。
まさか自分がアレだけで泣くとは思わなかった。
だって、自分をずっとシカトして来た人が
シカトしてる人を善い子ぶって批判してたのと、
好きな人に○○と付き合えば?
って言われただけ。
それだけなのに、ボロボロだった。
時に後者の方。
笑って流すつもりだったのに、
俯いた瞬間泣いてた。
しかも泣いてたの見られて、
馬鹿じゃないの?
って言われた。
ホントにそれだけ。
周りから見れば馬鹿らしいのかもしれないけど、
多分ホントに好きなんだと思う。
ってゆうか自分でも馬鹿らしいんだけど。
もぉやだ…
取り敢えず、皆に迷惑かけて御免なさい

君と居るのが好きで、あとは殆ど嫌いで 

February 26 [Sun], 2006, 16:59
亀田君(次男)すごいですねぇ。約束通りのKOでした。
でも…あの歌はどうなんだろう/笑
あぁゆう強い人は本当凄いと思う。
かといって好きではないけど/笑

ヤバい…!!文集書かなきゃ!!

あぁもう本当にお前なんか居なくなれば善い。 

February 22 [Wed], 2006, 21:45
最近ホント八つ当たりばっかして御免なさい。
あたしがあいつに嫌われてるのも
貴女があいつと仲良いのも
誰の所為でも無いのに。
馬鹿みたいだ。
段々嫌われていってるのに
段々好きになってる。
うん。あの子の言ってた事も今ならわかるや。
もしかしたら仲が良かったのもあたしの想像なんじゃないの?
最近本気でそう思う。
だってだんだん記憶うすくなって来てるし。
それでも下らない事であたしは一喜一憂してて、
あいつはあたしの事なんかなんとも思ってなくて。
絶対に応えてくれないならいっその事あいつなんか居なけりゃ
あたしもちょっとは救われるのに。

でもきっとあいつが居なくなったらあたしは悲しむんだろうな。


あぁもうホントに馬鹿らしい。
最新コメント
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d_o
読者になる
Yapme!一覧
読者になる