元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁(時事通信)

March 31 [Wed], 2010, 19:28
 実在しない人物の戸籍を作った上、判決文を偽造し、債権者を装って銀行預金や供託金をだまし取ったとして、詐欺や虚偽公文書作成などの罪に問われた元京都家裁書記官広田照彦被告(37)の判決が25日、さいたま地裁であり、田村真裁判長は懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額

前副知事後任に東京事務所長、福岡知事が方針(読売新聞)
首相、郵政改革法案は「来週火曜に結論」(産経新聞)
医薬品ネット販売規制は「合憲」(医療介護CBニュース)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で−国交省(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/d9r9o3yw/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。