労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)

June 18 [Fri], 2010, 22:48
 人事院は11日、2009年度年次報告書を国会と内閣に提出した。政府が国家公務員の労働基本権回復を検討していることを踏まえ、海外の実情を紹介した上で、現行制度を見直す際は「具体的な効果や影響が国民に提示され、さまざまな角度から検討を深めることが必要だ」と指摘した。
 公務員は、憲法で保障されている労働基本権のうち、非現業部門の場合は協約締結権や争議権が制限されている。政府は、労働条件を民間と同様、交渉で決める仕組みに改める考えで、来年の通常国会に関連法案を提出する見通しだ。 

【関連ニュース】
所信表明演説要旨
所信表明演説全文
政調会長兼務「成功させたい」=玄葉光一郎公務員制度改革担当相・新閣僚会見
鳩山首相語録
国家公務員採用、高卒は25%減=地方大にしわ寄せ

世界史で採点ミス=5人が追加合格―武蔵大(時事通信)
警視庁巡査長が拳銃自殺 東京・杉並区(産経新聞)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
都城市の口蹄疫、半径1キロ圏すべて陰性(読売新聞)
橋下「維新の会」、大阪市議7人に 自民また1人離団(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d9pdey67/archive/21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。