紫外線対策とシミの原因について

August 10 [Sun], 2014, 21:55
紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。紫外線対策を行うためには、どうして紫外線が皮膚のしみやしわをつくるのかを、きちんと知っておくことが大事です。しみやくすみの原因となるメラニン色素は、メラノサイトという細胞からつくられます。このメラノサイトは、紫外線の波長に反応します。メラニン色素は肌の色を黒くすることによって、紫外線が皮膚の奥まで届かないようにするものです。お肌のために、メラニン色素はつくられているのです。しかし、メラニン色素が生成されすぎると、結果的にしみやくすみになってしまいます。肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。しかし、多量のメラニン色素が生成されている場合、ターンオーバーでも排出されきれず、肌が黒いままとなります。これがしみです。皮膚のシミは、紫外線を浴びた直後にできるものではなく、時間が経過して肌の状態が落ち着いてから目立つようになります。多くの場合、夏の紫外線がシミという形で認識できるようになるのは、夏や秋になって日焼けが抜けてきた頃になります。その時になってがっくりしないように、日頃から紫外線対策を十分にしておくことが重要です。紫外線が強い時期に限らず、普段から紫外線対策をしっかりしておくことが、紫外線による影響で肌が老化してしまわないようにするためには大事なのです。


牛丼


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d9lkqokx4q0ip
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d9lkqokx4q0ip/index1_0.rdf