青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)

May 22 [Sat], 2010, 2:51
 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)が脳梗塞(こうそく)で入院し、夏の参院選島根選挙区(改選数1)への立候補を断念したことが15日、明らかになった。比例代表にも出馬せず、政界から引退するとみられる。

 青木氏は13日、島根県雲南市でのミニ集会の途中で突然ろれつが回らなくなり出雲市内の病院に入院。脳梗塞と診断された。県連によると、意識はあり話もできるが、時折、言葉に詰まる状態という。翌14日夕、病室で県連幹部らと面会し「体力的に夏の選挙戦を戦う自信がない。これ以上県民に迷惑をかけるわけにはいかず、残念だが(出馬を)断念するしかない」と伝えた。

 後継候補については、長男で公設第1秘書の一彦氏(49)となる見込みだが、一彦氏は報道陣に対し「私は何も言う立場ではない」と話すにとどめた。

 与党時代から、森喜朗元首相と並んで派閥政治の象徴的存在。2000年に小渕恵三首相(当時)が病に倒れると青木氏が首相臨時代理に就任し、森氏を後任の首相に選出する流れをつくる一人となったこともある。「参院のドン」と言われた実力者の不出馬は、党内での世代交代の流れを加速させそうだ。



 【関連記事】
自民党の青木前参院議員会長、参院選不出馬へ…引退か

農家への経営支援など指示=口蹄疫対策本部初会合で鳩山首相(時事通信)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
50センチの超小型衛星開発、来夏打ち上げ 星の位置の変化観測(産経新聞)
<転落>ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
大阪・西淀川の2人刺殺容疑 マンション住人の男逮捕(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d9fnoger/archive/55
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。