景気敏感株の反発は一時的では

October 20 [Sat], 2012, 21:40
週明け10月15日月の日経平均株価は前週末比43円高の8577円と5営業日ぶりに反発しました前週末10月12日金のNYウは前日比2ドル高の13328ドルと5日ぶりに小幅反発しました消費者態度指数が市場予想に反して上昇し2007年9月以来、約5年ビルの水準となったことから米国景気に対する先行き不安がやや後退しました前日まで4日間下落が続いたため短期的な反発を期待した買いも入りましたハイテク株の比率が高いナスック総合指数は6営業日連続安となりましたネット検索大手のグーグルの下落が指数を押し下げました円高ユーロ安が進んだことから日経平均は一時、8400円を下回りましたが前週末まで4連続安となったことから一時的な反発を期待した買いが入り反発しました中国の9月の輸出が前年比で8月より高い伸びとなったことから中国関連株が買われました前週末まで下げの大きかった景気敏感株輸出関連株が買われた一方上昇を続けてきた内需株ディフェンシブ景気の影響が小さい株において売られる銘柄が目立ちました大日本スクリーン、アドバンテスト、SMCO安川電機、コマツ昭和電工、住友化学、三井化学GSユアサ、ホン、いす、ブリヂストン、マツなどの上昇が目立ちました一方でソフトバンク、KDDI、NTTオリンパス、シャープイオン、日本ハム、アステラス太平洋セメント、大成建、大和ハウス、積水ハウス東急不、京成などが売られました日経ジャスック平均は前週末比1円安の1308円と4営業日続落しました引き続きバイオ関連で買われる銘柄が目立ちましたNPC太陽電池製造装置イーアクセスソフトバンクが子会社化を発表ビットアイルデータセンターネクスト不動産情報サイト伸び悩み気味の業績を発表したリソー教育個別進学塾が下落しました一方コスモバイオ、タカラバイオ、DNAチップ、プレシジョンサイエンス、ジャパンティッシュなどのバイオ関連が大きく上げていますリニカル臨床試験受託大黒天物産食品ディスカウンター、ワッツ100円ショップ、オンリー低価格スーツ店サクセス保育所運営、ツクイ介護施設エイチーム、モブキャスト携帯スマホ向けゲームアイスタイル化粧品のクチコミサイト、パピレス電子書籍が上昇しました日経平均は反発しましたが本格的な反発が続くことは期待できないと考えています景気敏感株輸出関連株が買われましたが一時的な反発にとどまる可能性があると考えます山中教授のーベル賞受賞したとはいえバイオ関連中国人 出会い株の急騰はリスク投資資金の向かう対象が無いことを象徴していると思います一方で新興市場株小型株では低価格品販売の小売り保育介護ゲームネットを利用した新しいビジネスに関連した銘柄の上昇が目立ちました新興市場株小型株の動きからは今後も景気減速が進み主力市場株は停滞が続くと考えられます会員募集中有望株を紹介する情報サイト新興市場ドットコムhttpstwittercomVentureKabuでは会員募集中です1投資情報提供会員月額1500円2投資助言会員月額3000円1投資情報提供会員月額1500円でサイトにログインして個別銘柄情報を閲覧できます2投資助言会員月額3000円で個別銘柄に関する売買の推奨を受けることができますフィロソフィインベストメント株式会社金融商品取引業者関東財務局長金商第2348号日本証券投資顧問業協会員会員番号01202501
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d9dh2nychj
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d9dh2nychj/index1_0.rdf