コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)

April 24 [Sat], 2010, 2:31
【ふるさと便り】

 生息の実態がほとんど知られていないダンゴウオ科のコブフウセンウオの稚魚が、国内で初めて飼育施設で孵化(ふか)し、鳥取市賀露町西の「鳥取県立とっとり賀露かにっこ館」で展示されている。

 コブフウセンウオは、腹部に吸盤を持ち、日本海北部の水深200〜300メートルの岩などに生息するとされるが、詳しい分布や生息環境、繁殖行動はよく分かっていない。

 同館で展示されているのは、稚魚96匹と体長8センチのオスの成魚。昨年12月に兵庫県新温泉町沖で、底引き網漁船の網にかかった巻き貝の殻の中に、直径約1センチの卵500個以上とそれを守るオスが入っていた。

 体長1・3センチほどに成長した稚魚は、成魚と同じ水槽で飼育され、泳ぐだけではなく、吸盤でガラスに張り付いたりもしている。

 同県では「山陰海岸学習館」(岩美町)にも成魚の標本があり、現在、北海道大と共同研究が進められている。

【関連記事】
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
ウナギの完全養殖 初の成功 水産総合研究センター
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
クロマグロ否決 日本、完全養殖など対策急ぐ
厳かに開催「ワカサギ・サミット」 深くて重〜いテーマで激論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

都バスに乗用車追突、7人重軽傷(産経新聞)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d9a4f0zl/archive/50
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。