ミッチェルの尾上

January 05 [Tue], 2016, 0:20
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いとされています。効率的な摂取のタイミングは、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。不妊の要因としては、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側要因と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが想定されます。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、健康的な精子の増加を手助けしてくれるという訳です。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるというわけです。それに、血液が増えると酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそれは違います。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。妊活中には、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。葉酸の過剰摂取によって、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。一般的に、妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結人
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d96henebea3rt7/index1_0.rdf