GWの韓国旅(25回目記念)! @

May 21 [Mon], 2012, 18:24
GWを利用して、10泊11日の韓国旅をしてきました。
掲載写真はすべて拡大OKです。
昨年春は韓国訪問20周年記念旅、そして今回は旅として25回目の韓国訪問です。
正直、今回はいわゆる旅的な旅というよりも、韓国にいる友達に会ってお喋りするのがメインの旅でした。
あとプラスαで、お気に入りの韓ドラ49日2011SBSのロケ地がソウル駅近所だったので、オマケで足を運べればいいかなとただ向こうの友達と会って、お酒を飲んだり、遊んだりできるのは金曜日の夜か、土日のみ。
韓国はGWでないため。
そのため、第麻美ゆま1回目の週末と、第2回目の週末の間の平日月木が暇になるため、韓国から第3国へ行ってみようと考えていました。
いわゆる、いくつかの国を巡る周遊旅は、2005年のシンガポール、マレーシア、インドネシア以来、7年振りですね韓国から飛び立つ第3国それは訳あって中国に決めていました。
香港は2度訪れたことがありますが、大陸となると初最初は朝鮮族が多く住み、朝鮮語も通じ、北朝鮮との国境も近い吉林省延吉ヨンギルが候補地でしたが、ソウル発の航空券が思いのほか高く断念。
ソウルから一番安く行ける中国山東省の青島チンタオまでの価格を調べたら、なんと往復9万ウォン6800円燃サー、税など込々でもトータル21万ウォン15000円だったので、ソウルの旅行会社を通して事前に直買いしておきました。
青島訪問の2大目的につきましては、また次回の日記にて笑4月27日金、いつも利用している済州航空でソウル金浦空港に到着しました。
今回はなんと初の空港お出迎え付き昨年12月から楽しくメール交流したり、最近ではSkypeでも長電話するぐらい仲がいい、友達のキムジナさんが空港まで出迎えにきてくれました。
ジナさんとは、最初ごくごくふつうのメール友達でしたが、私の韓国語ジョークから、俳人さんと私は笑いのツボが似ていると思いますと言われ、それから段々親しくなりましたねまた、最初の頃にジナさんから貰ったメールは、ほとんどが韓国語だったのですが、段々日本語のウエイトが増えてきて、笑いのツボ、デパ地下、キザなセリフそんな日本語表現まで知っていてビックリしましたちなみに、大阪弁に憧れているっていうのも、面白いキャラだと思いますジナさんと初対面しましたが、なんとめちゃ可愛くてビックリ空港内のスタバでお茶しながら、持参したお土産を渡し、いろいろお喋りしましたが、ホントにフィーリングが合う女の子でした。
ジナさんとは8日後の5月6日に再会し、一緒に一日フルで遊んでもらう予定になってます。
お土産に渡した招き猫を持ってポーズのジナさん2時間ほどジナさんと楽しくお喋りした後は、この日2人目の友達と再会です。
夜7時半の約束で、待ち合わせの新村現代百貨店へ。
9年前、ソウルの同じ下宿で過ごした弟分Kくん日本人と、昨年11月の訪韓時に会って以来、半年振りの再会を果たしました。
Kくんは当時から韓国語の実力がずば抜けていて、大学卒業後は某タヒチ製作所の韓国担当部門に就職。
昨年3月から5年間の予定でソウルへ異動になっています。
韓国人と仕事をすることの苦労や、現在の日韓関係の話など、DEEPな韓国話をしながら、男2人で旨い酒を飲むことができましたさて、いつもは韓国到着の初日はチムジルバン泊が多い私ですが、今回は面白いところに泊まってみました。
チムジルバンの仮眠室は、たいてい大部屋に雑魚寝。
私がいつも利用するSPAREXというところは簡易2段ベッドですが、それが精一杯な感じでしたせっかくのチムジルバン施設なんだから、寝るところもある程度日本のカプセルホテル並みのプライベートな個室空間がある睡眠施設が併設してあればいいのになぁと思っていましたが、まさにそんな施設があったんですチムジルバン+2段式個室キャビン、これで日本円2000円程度なのでリーズナブルでしょうここで1泊した翌日は、今回行ってみたかったワインコリアへと足を運びます。
ワインコリアは、忠清北道永同ヨンドンにある、韓国で一番歴史あるワイナリーワイン工場です。
永同は地方にある田舎町ですが、やはり韓国の地方や田舎は好きですね。
永同駅からタクシーで10分ほど、ワインコリアに到着です。
ワイナリーを見学したりたくさんの木樽が寝かせられている蔵は素敵な雰囲気でした、試飲コーナーもあったため、この後訪問する友達、キムヨンエさんのお土産にも1本買いました。
著名人がオリジナルで作ったワインコーナーもありました。
何となく見ていたその時でした。
うわぁ、こっ、このお方は某私が好きな韓国男性俳優のオリジナルワイン。
ラベルで誰か分かりますよね※このワイン、20000本を日本で2007年12月24日のファンミーティング時にお披露目した製品と書いてありますワインコリアを見学したあとは、大邱テグへ。
今年で出会って12年目のキムヨンエさん宅へ1年振りに遊びに行きます。
夕方ヨンエさん宅に到着すると、家族が出迎えてくれましたこの週末は成均館大学医学部の2年生になり、今は京畿道水原スウォンで寄宿舎生活している長男のチユンも帰省しており、久し振りに再会することができました。
相変わらず美味しいヨンエさんの手料理をご馳走になり、夜の団欒はビールを飲みながら、ヨンエさん、そして家族の皆さんと楽しい時間を過ごすことができて大満足ですヨンエさんの手料理。
朝食からこのボリュームヨンエさん宅で1泊させて頂き、翌日は私からヨンエさんに提案しました。
今まで何度も大邱テグを訪問しているものの、いつもソウルとヨンエさん邸の往復だけなので、今日はソウルに戻る20時過ぎのKTXまで時間があるから、大邱近郊のおススメスポットに連れて行ってくださいと。
それで大邱市内に八公山パルゴンサンという山があり、日本のテレビでも紹介していたので、ヨンエさんと私の2人でプチ登山へ。
韓国人は登山好きなので、週末の八公山は人で溢れていました。
これが登山道は整備されてましたが、かなりしんどい山登りでしたね山頂まで相当エネルギーを消費しましたが、でも、頂上にある石仏は統一新羅時代のモで一見の価値はあるそうです。
急な傾斜が続く登山道、気分はまさに天国の階段2003SBS状態八公山登山を終えた後は、今度は市内へ戻り、大邱名物のぺちゃんこ餃子を食べに西門市場へ。
夜はヨンエさんの旦那さん、長男坊、次男坊と合流し、高級焼肉店へ行きました。
いつもお世話になりっ放しなので、前日の夜、明日の夕食はボクが奢りますからと約束していましたので。
そのお店で食べたテジカルビ豚カルビは本当に美味しかったですね食事後は東大邱駅まで送ってもらいお別れ。
20時半のKTXでソウルへと戻ります。
翌日からはいよいよ半島から大陸へと、3泊4日の旅の始まりです写真左今回の訪問地。
写真右大邱の八公山、統一新羅時代の石仏。
レート1351万円13万5千ウォン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d8nui6kle2
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d8nui6kle2/index1_0.rdf