妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはた BASENAME: post1

February 11 [Thu], 2016, 21:49
妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。

妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。それと、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。

妊婦にとって葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。

葉酸サプリについて詳しくはこちら

ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると言われているそうです。


ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。


妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。



この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。


お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。


この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。

ですので、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。そのような場合は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、総合サプリを選んでみることをおススメします。



不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。

また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的です。


一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。



ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。


さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日当たり0.4mgと発表されています。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると葉酸不足の心配もあります。
ですのでサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは緊張しましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。


葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿とか汗で流出します。



そのため、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。


葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された用法を守って摂取するようにしてください。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。


ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、そのような事はありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

一方で、葉酸は様々に活躍してくれます。

例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d8bje365818/index1_0.rdf