極彩色、創建時の鳳凰堂内部をCGで再現(読売新聞)

April 20 [Tue], 2010, 9:44
 世界遺産・平等院(京都府宇治市)は、鳳凰(ほうおう)堂内の須弥(しゅみ)壇や柱などをコンピューターグラフィックス(CG)によって創建時(1053年)の極彩色で再現した。

 17日から境内のミュージアム鳳翔館で一般公開を始めた。青色が基調になっており、神居文彰住職(47)は「穏やかな海底をイメージさせる」と話している。

 須弥壇の周辺で、青色の鉱石ラピスラズリの断片が見つかっており、立体的なCGでは、壇上を鮮やかな青色で再現し、側面も華麗な螺鈿(らでん)装飾を施した。また、柱と梁(はり)は顔料を特定し、当時の彩色画を復元、壁面は全体の調和から青色だったと判断したという。

 同館での公開は8月6日まで。期間中、CGや彩色画計15点を入れ替えて展示する。

「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
<男女共同参画>平等社会進まず 第1次計画から10年(毎日新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/d87z6zwy/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。