大阪市10職員きょう免職発表 斎場「心付け」で異例大量処分(産経新聞)

June 07 [Mon], 2010, 12:53
 大阪市立斎場(火葬場)の職員が葬儀業者から「心付け」として現金や商品券などを受け取っていた問題で、市が職員10人を免職、12人を停職の懲戒処分にする方針を固めたことが30日分かった。31日に正式発表する。市は平成14年に心付けのやりとりを禁止したにもかかわらず、職員と業者の間で巧妙に続けられていたことを重視し、異例の大量免職処分に踏み切る。

 市立斎場をめぐっては14年5月、火葬担当の全職員が月額最大15万円の心付けを受け取っていたことが発覚。市が当時の職員36人を文書訓告処分にし、心付けの受領を禁止した。しかし今回の市の調査で、禁止後まもなく心付けが復活していたことが判明。14年から今年1月までの間、市立5斎場の火葬担当職員44人のうち22人が業者から心付けを受け取っていたという。

 市は今年3月、職員20人が心付けを受け取り、別の職員3人も受け取っていた疑いがあるとの調査結果を発表。心付けの金額は、職員によると1件あたり1千〜5千円、業者の証言によると3千〜1万円で、金額に食い違いもみられる。

【関連記事】
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
大阪市立斎場「心付け」問題 17、19年にも市に通報
大阪市立斎場の職員が自殺 「心付け」めぐる疑惑の中
窃盗…大阪市交通局職員2人を免停職
覚醒剤使用の大阪市職員を免職
iPadが上陸

<鳩山首相辞任>昨晩、辞任意向…首相側近明かす(毎日新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
政治とカネ「逆風収まらず」民主地方は今も反発(読売新聞)
石垣島の牛は陰性、ウイルス検査で判明(読売新聞)
池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d87z6zwy/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。