「牛の角突き」収益の一部を宮崎に寄付へ(読売新聞)

May 27 [Thu], 2010, 17:06
 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題を受け、新潟県長岡市山古志地域の牛所有者組織・山古志闘牛会は、30日に開催する「牛の角突き」を、「がんばれ宮崎!口蹄疫被害支援」と題し、収益の一部を宮崎県の畜産業者側に寄付する。

 同会ではまた、感染予防のため、27日に会場の山古志闘牛場(長岡市山古志南平)の消毒を行うほか、30日の開催当日は、来場者の通路に消毒液をしみこませたマットを敷くなどの対策をとる。

 松井治二会長は「地震の時に家や牛を失う悲しさを味わった仲間もおり、宮崎の人の気持ちも分かる。我々が多くの支援を受けて立ち直ったように、宮崎の人も希望を持ってほしい」と話している。

事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
「医療の質」事業への参加団体を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
警察犬 「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d87z6zwy/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。