<陸山会事件>「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に(毎日新聞)

April 29 [Thu], 2010, 14:33
 民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で検察審査会の結論が近く出ることに関し「1年間の強制捜査で結果として潔白を証明してもらったと思っている。検察審査会もそのことを冷静に受け止めてご判断いただければいい」と語った。議決を控え有権者で構成する審査のあり方に直接言及したことで、「圧力ではないか」との批判が出る可能性がある。

 小沢氏は強気の姿勢だが、再捜査となれば改めて「政治とカネ」の問題に焦点が当たるとみられる。参院選への悪影響は避けられず、党内では警戒感が強まっている。

 一方、鳩山由紀夫首相は同日、自らの資金管理団体の偽装献金事件で「不起訴相当」の結論が出たことについて「厳粛に受け止めたい」と語った。平野博文官房長官も「国会でも説明できる範囲は説明した。一つの区切り」として、解決済みとの認識を示している。

 ただ、首相は野党が求める関係資料の国会提出に消極的で、なお攻勢にさらされそうだ。自民党の大島理森幹事長は「(資料提出に消極的なのは)許しがたい不誠実な態度だ。本人が分からないなら関係者の国会招致にリーダーシップを発揮すべきだ」と批判。みんなの党の渡辺喜美代表は「国民の常識から見ておかしいことは国会で解明すべきだ」と指摘し、社民党の重野安正幹事長も「国民の目線で『よし分かった』とはならないだろう」と懸念を口にした。【木下訓明、念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「前原君の発言、興味ない」…高速新料金で
検察審査会:鳩山首相「不起訴妥当」も説明に強い疑念表明
検察審査会:鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件
普天間:9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相
普天間移設:「岡田外相、微修正で受け入れ」米紙報道

<火災>民家全焼2遺体発見 山形・飯豊(毎日新聞)
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)
河村市長「恒久減税、駄目なら解散しかない」(読売新聞)
<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
<ハウステンボス>リニューアルオープンへ 集客増目指す(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/d87z6zwy/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。