料亭について

February 23 [Sat], 2013, 22:35
料亭は、日本食事を主としてお出ししているリッチお店です。夕食から経営が大勢、お昼の経営お店は度はずれたに少ないです。たまにお昼をお出ししているショップもありますけど、お弁当で¥10.000 けど、最悪料金と承知してちょーだい。材料を厳選。シーズンシーズンの一番美味を伝統の味で仕上げますので、手間隙が掛かりますから、市販食堂のよう等なたにも合う、甘い味付けは無いとお思考ちょーだい。と言うように、調理している分ボリュームも限られてきますから、予約が必要なのだ。一見さんもお断りはしませんけど、どなたかの御披露を必需としているショップもあるです。

お一人、¥30.000 けど、最悪料金と承知してちょーだい。



主なレトロ食事

レトロなご飯形式で食しているレトロな食事様式。有職食事は貴族の饗応食事、本膳食事は武家庭の饗応食事で、各個これまでには一番正統な食事形式であったものです。会席食事は富裕な町人間を顧客とした料亭で生まれ、酒と食事あのものを楽しむ格式張らない食事として発達しました。今では会席食事が正統な日本食事の形式としてもてなしに使われてます。



・有職食事 - 平安世の中の貴族の社交儀礼のなかで発達した大饗食事の流れをくむ食事様式。今は京都の限られた料亭にのみ伝わってます。

・本膳食事 - 室町世の中から武家庭の饗応食事として発達したもので、江戸世の中には本式の日本食事とされた。儀礼的な色が濃い食事であり、明治以後は衰退しました。ちなみに、本膳食事の付随として派生・発展してきた食事に皿鉢食事があるです。

・精進食事 - 禅寺等の寺で、外来者をもてなすための食事法として発達したもので、僧が食べていますわけではありません。

・懐石食事 - 茶道から発した食事。プラン式に供されます。従来は茶を楽しむためのものであるです。

・会席食事- 宴席から発生した、酒を飲みながら味わう食事。料亭で出されるもので、懐石食事のようにプラン式に供される。

こうしたほかに郷土食事があるです。

・郷土食事は日本の地域で昔からいただけてきた食事であり、村おこしに使われるご当地食事です。ご当地グルメに有るような(ご当地ラーメン等)とは異成ります。



百聞は一見に如かず・・・・・です。聞いたって判らないのが味覚です。


ザッハトルテ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d7z95hr6
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d7z95hr6/index1_0.rdf