全てを否定してはいけない。消えるために、現れているのだから。

July 11 [Wed], 2012, 15:59
昨日の夕方にワンラーT氏が酵素に入りに来られて、また夕食後一緒に。
まー、またたくさんのことあれやこれや出てきたのですが、白州次郎は西行法師であること、白州正子は西行の妻であることなど話していて、むろやんに白州次郎のことを振った時、かっこいいんだよTさんと私の声がハモりました。
同時に同じ言葉。
T薪能、あれは日が沈んで、篝火が灯されて、それから鼓がいヨおっ、ぽんっっと鳴らされる。
あれはなんだと思う睡蓮異放尿プレイ次元が開く音ですよね宇宙が開く。
そうだよねえそうに決まってるよねえ、知ってるよねえ、分かってるよねえ何故か私たちは分かってる。
蓮の花が開く音、あれもただ花が開く音じゃないんですよ。
そこかしこで異空間が広がる。
ぽん、と開いた後にそこから異次元が広がっていっている。
その合図の音だと、私は思っている。
私は中性的ではなくて、両性具有。
うん、そうか。
前にもそう言われたことあった。
男、女を突き抜けている。
耳や目が聞こえなかったり見えなかったりするのは、それは高次元のものをつかもうとしているからだよ。
普通の人には聞こえたり見えたりする可聴域、可視域が薄い。
それはとりもなおさず人には聞こえない音や見えないものを見る力。
私は耳を聞こえなくすることで聞こえないものを見、その分目から情報を得ようと偏っていたので、去年から一年の間、目が見えにくくなった。
見えないものを見る力を目覚めさせるために。
オーラなどが見えるようになったのは、目が見えなくてぼんやりとしか見えない時期でした。
Tさんも眼力が強いので、片目が病気で、セーブされている。
私にとって、高次元から得たことを伝えるツールが言葉。
だから大事。
聞こえなかったりするのは、人々に伝える橋渡しの役目なんだと。
髪の毛もアンテナの役割、なんで、敏感すぎるから頭にタオル巻くことで情報をセーブしてるのかもしれないナ。
いや、ほんとにじっとしてるだけでもいろんな情報が空間から入って来て、こうやってアウトプットしないとこのちいちゃな細い体がパンクしそうなんです。
むろやんが土台になってくれている。
Tあなたは私、頭の上で両手をひらひら。
Tにこっ。
遊んでおればいい。
私はむろやんに肩車してもらって、遊びながら頭上にある柿の実をもいで渡す。
そんなイメージか。
縄文時代に、これから戻るのだが、ちょうど私たちはそんな感じ。
先駆けのカップルだよ。
一つ昔、昔の文明は、今よりもっと高度な文明で、今の私たちの文明が一番低いほど。
エジプトのスフィンクス、半獣半人。
あれは本当にクローン技術でいうのがいたんだと。
今はアメリカなどで人間や動物でおぞましいのがこっそり作られてるけど。
それと、ファッションモデルで、時々魂の抜けたような人、いるでしょ。
あれは昔の文明で、ペット、セクシャロイドだった生き物の遺伝子を受け継いでいる。
カルマを消すために、今現れている。
今の時期、この文明だけでなく、過去の文明のカルマも表面に出てきている。
だから何でもあり、で現れている。
成仏、清算するために。
全てを否定してはいけない。
消えるために、消すために、現れているのだから。
という話が印象的だったなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d7tzk3wnzp
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d7tzk3wnzp/index1_0.rdf