ガウの穴井

March 13 [Mon], 2017, 10:00
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。
忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。



身につけたいスキルについても病院や、診療科によっても違います。


毎年、多数の人が看護roo!のおかげで、よりよい職場に転職しているそうです。

看護roo!は厚生労働大臣により認可を受けて運営を行っている会社で、JASDAQ上場企業でもありますから、サイトに載っている内容も信頼することができるでしょう。

看護師の求人情報を落ち着いて調べることができます。

看護師の職業は、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ただ、看護師の現状はというと、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。

肯定的側面を見るだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなりの数います。パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を検討すべきでしょう。
いずれ育児をする気であれば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職しておくと良いでしょう。ストレスが多くあると子どもがなかなかできなくなってしまうので、要注意です。
看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。

放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。


同様に、薬にも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。
勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。



必ず適度な休憩を取るようにします。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。



これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。

看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死に至った看護師もいました。



では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。

ただ、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。



ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正職員という形で勤務中の看護師の場合には当てはまることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。看護士が許可されている医療に関連した行為は、これまで、特定の場合のみ、行われていました。ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、すぐに対応ができるよう患者の気管に点滴を行うなどの一部の医療に関係する行為が許可される予定です。行えるようになったことは、定められた研修の期間を経て、完璧にこなせるようになってから自己判断で実行に移せるのが特色です。
少子化や高齢化のために、病院などの医療の現場で働く人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。したがって、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。



毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一因だといえます。看護師というのは、大変なこともたくさんある仕事ですが、継続しやすい仕事であるなんていわれています。


例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、復職しやすい仕事です。

高度な専門性が産休の後の復職のしやすさに結びついているといえるのです。一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職率の高い仕事でもあります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hayato
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる