認知心理学の醍醐味

May 13 [Tue], 2014, 18:13
認知心理学では、刺激と認知の関係性を重要視しています。
こういった説を通して現在では、知能は最初共通的にはたらくg因子的な因子で構成されているものが、年齢を重ねるにつれて専門的に働くs因子へ分化していくとして考えられるようになっています。
言語性IQと動作性IQを測定することができ、一人一人の得意な部分と不得意な部分から認知処理過程の特徴を明らかにして、指導へ活かすことが可能です。
貯蓄は言葉があらわすように、新しく得た知識に関して取捨選択をする段階です。
それから成績の良い個体同士、成績の悪い同士で交配させて子を作ります。
言語性知能は理解、計算、記憶という部分について測るものです。
そして情報科学の考え方が心理学に取り入れられ、認知心理学という分野が成立しました。
科学の中でも心理学は、心そのものについて探求する学問です。
1949年には、小児版のウェクスラー・ベルビュー知能検査法というべき「WISC」という知能検査法が発表されています。
たとえばサーストンは57種類のテストを大学生に実施した結果、知能には9因子があるという説を唱えました。
さまざまな才能を秘めている人間の能力は、知学や勉強だけで図ることのできないものです。
刺激と認知の関係性としては本来、刺激で得られた情報と認知の結果が同じものになるはずです。
認知心理学秘伝書
認知心理学ABC
認知心理学ブック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d78kk8f6
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d78kk8f6/index1_0.rdf