祈り 〜サムシンググレートとの対話〜

July 20 [Fri], 2012, 13:18
久しぶりに記事を読んで鳥肌が立ったので、マイミクさんが書いてた日記から頂いてきました。
私は自分の衝動に従って祈ってただけだけど、これまでかなり聞き届けられてたので、やっと時代がついてきてくれたって感じで、すごくうれしいです映画祈りサムシンググレートとの対話一部抜粋スピンドリフトによる実験による、効果的な祈りの方法10年以上にわたり祈りの効果を客観的に研究している機関にスピンドリフトという組織があります。
そこでは麦の発芽と祈りの関係を実験して、祈り方や祈りの時間の長さ等々、効果のある祈りの方法について調査をしました。
その結果、以下の7つの特徴がわかってきました。
1祈りは実現する麦の発芽の実験で、祈られたグループの種子のほうの発芽率がはるかに高かった。
何度実験しても同じであった祈りは発芽の成長に効果があった。
2苦しい時ほど祈りの効果がある発芽しにくいように、麦の種を浸している水に塩分を加える実験で、塩分の濃度を増やすほどつまりストレスを多く与えるほど祈りの効果が大きかった。
このことから、祈ってもらう人が重い病気であるほど、あるいは、つらい、不幸な境遇にあるときほど、祈りの効果が大きいと思われる。
3祈りの量は祈りの効果と比例する麦の発芽の実験で、祈る時間を2倍にした場合は、発芽率が2倍になった。
このことは病人のために祈る場合、時々、祈る場合よりも、いつもその病人のことを思いながら、できるだけ多く、祈りの念を送ってあげるほうが、病人のためによいといえる。
4対象を明確にした祈りが効果的祈りが効果を持つためには、誰に対して祈るか、或いは何に対して祈るかと、はっきり祈りの対象を明確にして祈るほど、祈りの効果がある。
このことから、ただ漠然と祈るよりも、病気のAさん、Bさん、Cさん、Dさんと一人一人を意識しながら祈るほうが効果が大きいといえる。
5祈りの対象の数が増えても効果は減らない種子を用いた実験では、種子の数が多くても少なくても、結果は同じだった。
このことから、祈りの対象数がいくら増えて、例えば1人の人への祈りであろうと、5人、10人であろうとも、祈りの効果は変わらないといえる。
6祈りの経験の長い人ほど祈りの効果が大きい実験によって、祈りの経験の長い人のほうが、浅い人よりも大きな効果を生むということが分かった。
よって困った時の雛鰍ンで、急に思い立って祈る人よりも、ふだんから崇Iや仏壇に向かって祈りをしている人の祈りのほうが、効果が高いといえる。
その意味では、錘蛯竭m侶、枢メA牧師の祈りの効果は大きいと思われる。
7無指示的な祈りは、指示的な祈りより効果が大きい指示的な祈りとは、例えば、ガンが治癒すること、苦痛が消えることなど、祈る人が特定の目標やイメージを心に抱いて祈ること。
いわば祈る人は宇宙にこうしてくれと注文をつける祈り方である。
無指示的な祈りは、なんらの結果も想像したり、注文したりせずに、ただ、最良の結果になってくださいとか垂フ御心のままにしてくださいと宇宙を信じてお任せする祈り方。
実験結果では、指示的な祈りと無指示的な祈りのどちらも効果は上がったが、無指示的な祈りのほうが指示的な祈りの2倍以上の効果をもたらすことも多かった。
これだけじゃなくて、とても興味深い事が書いてあったので、ぜひリンクに飛んで全部読んでみる事をお薦めします。
やっぱすでに精瑞界に突入してる証拠ですね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d6re8spih6
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d6re8spih6/index1_0.rdf