「モンタナの風に抱かれて」はわたしが好きな映画

September 14 [Wed], 2016, 19:51
わたしが好きな映画は、「モンタナの風に抱かれて」です。


ロバート・レッドフォードが監督・制作・主演の作品です。


傷ついた馬と飼い主の少女とカウボーイが出会うことで、心の交流をし、傷を癒していくというストーリーです。


この作品の一番好きなところは、傷を負った馬と少女の関係を修復するために、ロバート演じるトムが少女から、その時の真相を聞き出すシーンです。


ここでいつも泣いてしまいます。


スカーレット・ヨハンソン演じる13歳のグレースは、雪の日の早朝に愛馬ピルグリムを連れて、親友と乗馬に行きます。


しかしその途中で、親友の馬が雪に足をとられ、親友は落馬し、トラックに轢かれて亡くなってしまうのです。


そのとき、グレースも怪我を負うのですが、ピルグリムが前足で立ち上がり、盾となることにより、助かります。


自分は親友を守ることができず、死なせてしまったうえ、自身も右足を切断し絶望していたときに、トムが彼女にかけた言葉がとても感動的だと思います。


「ピルグリムは、なぜ前足を上げて立ち上がったと思う?君を守りたかったからさ。君を愛しているからだ。俺はそう思う」というところです。


単に馬が守ってくれたから、君は助かったというのではなく、馬と心が通じていて、君と馬がお互いを思うからこそ起きた奇跡であり、とても尊いものであるのだという、


トムの思いが込められたセリフのような気がします。


ここからは、グレースもトムのことを信頼するようになっていきます。


このセリフから、トムが、ピルグリムのこともグレースのことも大切に思っているのであろうことがわかるので、とても重要であるし、


わたしがこの映画を好きだと考える一番のシーンだと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d68pxog
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d68pxog/index1_0.rdf