高野太郎でイシガケチョウ

February 09 [Tue], 2016, 15:51
看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、このイベントに参加する看護師の方は少なくありません。女の職場なので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。ですが、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、休日が合わないために上手くいくケースばかりではないのが現実です。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれよく使われ、親しまれている用語です。看護師が外科に勤務する時の考えられる良い側面と良くない側面を知っておいた方が無難です。手術を受ける前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、看護師の成長に役立ちます。考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、腰を落ち着けてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。また、特に患者さんのご家族から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、しみじみとやりがいを感じられます。看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。看護師は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、看護師の結婚年齢は両極端だという事が分かりました。結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、自分の出世を考えて結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみるとどちらかで書き表されます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。法律が変更された2001年を境に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「看護師」を使うことで一本化されました。今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。だけど私の想像以上に柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。看護師さんの中で、子連れで来ている方が結構たくさんいたんですよ。先生達も、歓迎している様子でしたし、終始温かないい雰囲気となりました。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。病院という場所で働く看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知り、実行しているかということも、看護師というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。色々な働き方ができる看護師なのですが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。もちろん、その他のところでも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。必ずしも病院でなくとも働ける場所は色々あり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に働きやすい職場へと、転職することもできるのです。皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、転職率も高いですね。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えています。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも参考にしてみるのが良いでしょう。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ただ、本業の医療機関において副業を禁止、としていることもあります。また、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、出された答えとしての配属であることが多いようです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、よく知られている、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、給料の面で専門卒より優遇されるということです。他方、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職することを決めたのでした。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは国公立の医療機関で働くことです。本来、職業としての看護師が専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらはなによりも嬉しいメリットですよね。病気になって気落ちしていると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも意外と多いのです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。はっきりした違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。そして看護師については、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、患者の看護を行います。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、ほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変だった思い出があります。看護師は良い給料をもらってはいますが、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですからより高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤帯に働くかどうかでかなり手取りが左右されます。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえば誰でも知っている役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも珍しくなくなってきましたから、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場になるわけです。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。看護師として働いて、もう数年になります。それで、ちょっと気になることがあって、看護師というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事を多くの中から選べるのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、もちろん、看護師も同様です。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。ですから、平均的な看護師の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。実際の看護師資格取得の難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、毎年90%前後のようです。試験内容も、今までの授業で普通に勉強していた人だったら合格できますので、全く高難度な資格ではありません。看護師を志したのは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに心を動かされたのが契機となりました。将来的にはこういった職業で働いていきたいというように思い続けて高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朔也
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d5p1o5cosgort3/index1_0.rdf