糖尿病とうつ病には関連があるのか?

May 27 [Tue], 2014, 20:40
糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)になってしまうと、うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)を併発しやすいんですよ。

それでは、何故鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)を併発しやすくなるのでしょうか?

それは、糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)が原因で生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の質が低下し、強いストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を感じるようになるからです。

糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)になったのであれね、それまでの食習慣を一から見直さないとダメだので、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)が非常に溜まります。

また、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)が嫌いな人でも適たびに体を動かさないといけませんし、睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)の質を高める為に以前よりも早く寝ないといけないのです。

さらに、病院にも定期的に通院する必要があるとともに、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)とも付き合っていかなけれねならないので、以前よりも生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)しづらくなるのではないでしょうか。

そうすると、「こういった生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)をいつまで続けなけれねならないのか?」とか、「何故自分だけ糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)に陥ったのか?」というようなことを考えるようになり、だんだん気分が塞ぎこんでいくだと言えると思います。

その結果、うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)を発症してしまうというのが最も多いパターンになります。

特に責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)感が強い人、神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)な人、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)感の強い人は、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)が原因でうつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)を発症してしまう可能性が高いですから、くれぐれも注意が必要になりますよね・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうくんseey
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d5n66rz2/index1_0.rdf