全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信) 

June 18 [Fri], 2010, 21:34
 現住建造物等放火などの罪で起訴され、関与を全面否認している元少年(20)の裁判員裁判が、14日から東京地裁(山口裕之裁判長)で始まる。元少年は逮捕直後は容疑を認めたが、その後は一転して否認。自白以外に目撃証言などの直接証拠がなく、裁判員は難しい判断を迫られそうだ。
 これまでの裁判員裁判では、共謀や犯意、責任能力を争って無罪を主張する事件はあったが、実行行為自体を全面否認するケースはほとんど例がなかった。
 事件は昨年6月に発生。東京都杉並区で不審火が相次ぎ、消防団員だった元少年がうち3件の放火で起訴された。
 関係者によると、元少年は逮捕後、「彼女とけんかしてむしゃくしゃした」と供述し、約10件の不審火への関与を認めた。
 しかし、弁護側は起訴後の公判前整理手続きで全面否認に転じた。公判では、元少年は迎合しやすい性格で、不当な自白の誘導があったと主張し、検察側と全面対決する姿勢だ。 

【関連ニュース】
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
東京地検、初のオープン会見=フリー記者、江川さんら参加
事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」

阿久根市長告発を受理=職員降格問題―鹿児島地検(時事通信)
早朝、牛丼店に強盗11万円奪う 大阪・西区(産経新聞)
露骨性描写含む漫画、都規制条例改正案を否決(読売新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
<岩手・宮城内陸地震>追悼式で復興誓う(毎日新聞)