DSFTダイエットプログラムで人生が変わる!とPizzicato Five - The Audrey Hepburn Complex

October 10 [Thu], 2013, 16:44
どもども!毎度こんにちは。


今日もDSFTダイエットプログラムレビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材DSFTダイエットプログラムレビューはこちら


DSFTダイエットプログラムは、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


株式会社ハイタッチさんが自信を持って世に送った情報教材DSFTダイエットプログラムを
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓
優良教材DSFTダイエットプログラムレビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


今日の朝のご飯はひやめしと、目玉焼きとキャベツのお味噌汁

あさはこれに限ります。



10分で完食、9時ジャストにいえを後にしました。



いつも通りミニストップに乗り込み、コカ・コーラをポイントでゲット(^^ゞ



ふーっと一息つける時間です。。



現場について、毎日の日課のパソコンでニュースチェック

こんなのが出てますね〜

↓↓

善良なキャラクターがよく似合うジェームズ・マカヴォイにとって、最新作『トランス』で演じたサイモンはそのイメージを大きく覆す役となった。しかも、彼が「長年のファン」だというダニー・ボイル監督作とのタッグ。絶好の機会によって本人も見たことのないマカヴォイが映し出された本作の魅力を語ってくれた。

その他の写真

「今まで演じたことのない役を演じることはチャレンジだったよ。最初はいつものような善良なキャラクターを僕が演じているのかなって思うかもしれないけれど、サイモンにシンパシーを感じ始めた頃、彼は観客を虐待するような行動に出るんだ。面白いのは、最初に感じたシンパシーが最後まで残っていること。サイモンがどんなに酷いことをしても善良さが残っている。それは役者としてとても面白い経験だった」

出演したいと思う決め手となるのは「脚本を読んだときの直感」だと言うが、今回の『トランス』に関しては、ダニー・ボイル監督作品であるというだけで「やる気になっていた」そう。実際に脚本を読んで「度肝を抜かれたよ!」と、その素晴らしさを口にする。そして、ダニー・ボイル監督がこの映画に据えたテーマ「人間の記憶と心」については、自身の体験談をもとに、演じたサイモンの苦悩がどれほどのものかを表現する。

「記憶をなくした経験は僕にもたくさんあるよ。お酒を飲み過ぎてしまったときとかね(笑)。記憶のなかに黒いシミのように覚えていない時間があると人はとても不安になる。そんなふうにお酒を飲んでスポット的に記憶をなくしただけで不安になるんだから、人生の記憶の大半を失っているサイモンはどれだけ不安だろうって思ったよ。おまけに彼は記憶を失ったことで性格の一部も失っているようでもあるからね。あと、失いたくない記憶についても考えた。以前、飛行機から(スカイダイビング等で)飛び降りたことがあって、そのときに感じたアドレナリンラッシュと興奮と素晴らしさといったら! 飛んだ後に生きていて良かった、と思った。あの感覚は人生で忘れたくない経験だね」

『トランス』
10月11日(金)全国ロードショー

取材・文:新谷里映
(この記事はぴあ映画生活から引用させて頂きました)



へえ〜。。。

興味ないな(笑)



次!本題!えっと、予約表を見てみると

予定ではブログアフィリエイトに11時間と、電脳せどりで仕入れに2.5時間。



かなりハードだけど私なら右手一本でしょう(笑)



本日も稼ぎます(^^)



そういえばこんなの

↓↓





あら^^;全く関係無い?

これは失礼しました。



それはそうと夕飯は何しよ?

鶏の唐揚かお寿司が今日こそ食べたいぜ(^^ゞ



これも良いか?

↓↓





では今度の記事更新はがんばって今日中に・・・出来るかな?

ではまた次回!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:RM感謝
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d52x7578/index1_0.rdf