アサイ―のサプリメント選び

May 08 [Wed], 2013, 20:21
アサイーの加工品のなかには、実に様々なものがあります。ジュース、パルプ、サプリメント・・・と、いったいどれを選べばいいのかわからなくなる人も多いでしょう。

しかし、万人にのみやすいタイプであるとえいるのは、やはりサプリメントタイプではないでしょうか。持ち運びも簡単ですし、場所を選ばずに、摂りたいときにアサイーを摂取することができます。

また、なかにはリコピン美活習慣の味が苦手、という方もいるでしょう。そういった人には、カプセルに入ったアサイーサプリメントは、非常に便利です。水でお腹の中に押し流してしまえばいいんですから。

よし、それではアサイーのサプリメントを飲んでみようか、と思ったあなた。またまた、悩んでしまうのが、数あるアサイーのサプリメントのなかからどれを選べばいいのか、ということです。チェックポイントを挙げていきましょう。

まずは、アサイーのサプリメントの濃度です。サプリメントにより、含まれているアサイーの濃度が異なるのです。そして、原料となるアサイーの調達方法、製法について。さらには、カプセルが何で作られているのか、というのもポイントになります。

そのほかに、栄養成分表示を、各サプリメントごとに見比べてみるのもいいですね。各栄養素の数値を比較してみて、いちばん栄養価が高そうなものを選ぶというのも、賢い選び方です。

血糖値を下げるメニュー

April 13 [Sat], 2013, 12:04
毎日、血糖値を下げる為のメニューを考えるのは大変ですよね。実は、血糖値を下げるメニューのアイデアはいくつもあるんです。そこで、おすすめのメニューをお教えしますね。

血糖値が高い方は、たっぷりと食物繊維を摂る事が大切です。野菜の根菜類、キノコ類、海藻類、豆類にはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、食物繊維も沢山含まれています。そして、それらを食前に食べる事で満足感が増す為、

食事の量を少なくするので糖尿病にも効果があります。それには、野菜サラダが手軽なのでお勧めです。葉物野菜にわかめを加えたり、中性脂肪を減らす作用を持ちカロテンが多く含まれるモロヘイヤ、

インスリンの材料ともなる亜鉛が補給できるゴボウサラダも良いですね。そして、味付けのドレッシングには油を使わず、レモンやハーブを利かせればほんの少しの塩分でも物足りなさを感じずに食べる事ができます。又、血糖値を下げる食品でもあり、糖尿病の合併症である動脈硬化を防ぐ「しょうが」を

加えても美味しく食べる事が出来ますよ。もし、どうしても油を加えたいという時には一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含み、悪玉コレステロールを減少する作用があるオリーブオイルを使う方が良いでしょう。

又、血糖値を下げるには酢の物が良いと言われていますが、それには理由があり、糖質や脂肪酸を燃焼させるクエン酸サイクルを活性化するには酢を食べるようにすれば良いという事が明らかになっているからです。この様に食材や味付けを工夫して、毎日美味しく食事が出来るようにしてみてはいかがでしょうか。
P R
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31