桑野が草間

February 03 [Fri], 2017, 12:38
「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しにかかる費用の相場は変わります。
お得に引っ越しをするためにも先に情報を集め、目安になる一般的な相場を知ることが必要になります。
大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。
引越しを前日キャンセルすることになり、引越し業者へ連絡をとったところ、予定していた引越し代金の、10%のキャンセル料がかかりますと言われたのです。

以前の場合、違う引越し業者でキャンセルした時には、引越しの前の日でも引越し代金を全額支払わなくてはならなかったので、今回は支払いが安く済んで、ほっといたしました。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。
専門の業者にお願いした引っ越しなど初めての経験で、コールセンターへの電話も緊張していました。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にきちんと対応していただき、作業も丁寧で引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもヤマト運輸を利用したいと思います。



引越し会社への一括見積もりを利用するのは初めてでした。



何社にも問い合わせしなくてもよくて、とても楽でした。
問い合わせ後、何社かの引越し業者から、訪問して見積もりしたいと返信がありました。重ならないように調整するのが難しかった。

今回の引越しのときには、住民票の移動処理はなるべく早めにしておこうと思ってました。

まずは私が転出届の手続を行い、旦那は引越し当日のあいだに転入届けを転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しました。ただでさえ引越しのときには多くの手続きにわずらわされるのでひとつひとつを忘れないように書き出しておいて計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

生活に何らかの変化がありおそらくNHKは見なくなるだろうと思われ、NHKに解約を申し込んでも、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、意外と手間がかかるものです。加えて、受信料を自動引き落とし契約にしていると、NHKとの間に解約が成立するまで全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、時間には余裕を持って解約に着手するしかありません。引越するとなると、電話の契約変更も必要となります。


ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話については、携帯ショップに直接手続きに行くか、オンラインで済ますこともでき、ほかには必要なことはありません。近頃の人は、固定電話を契約しないケースが大多数です。



住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものを買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、かなりの人気があります。たんすやクローゼットのような収納家具から、バッグなどのブランド品だったり、テーブルや応接セット、あるいはベッド等々、不用品の種類は多くなりがちです。

不要品の種類が多くなりそうな場合は、そういった品の買取に熱心な業者を選ぶのが賢明です。
なぜならそういうところは、査定がしっかりとしていますし、種類ごとに買取先を探す手間がかかりません。大変な事をしてしまいました。



初めて一人暮らしをするのに、誰にも手伝ってもらわずに自分一人で引っ越しをしたのです。きっと出来ると思っていたのです。ですが、結果としてとても大事な家具に傷つけてしまったのです。壁際に置く時、擦って傷をつけてしまいました。もの凄く後悔しています。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は業者さんに依頼したのは大きいものだけで他は自分たちの車で移動しました。

ものの移動だけ終わらせて、転入届を市役所で出してきました。いろいろなハプニングもありましたが、何人もの方が協力してくださり、嬉しい誤算でした。

両隣にも挨拶に伺いました。手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる