「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」で人生が変わる!とCOMPLEX - BE MY BABY.avi

December 30 [Mon], 2013, 19:06
こんにちは^^


今日も「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」レビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」レビューはこちら


「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」は、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


株式会社サイバーメディアプロダクションさんが自信を持って世に送った情報教材「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」を
超お得な特典付きでお届けしています。特典はなんと▽マ☆ンの▼◇ですよ。



購入前はまたまた〜って感じですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓

優良教材「TVで活躍しているIKKOを育てたメイクアップ業界の巨匠!秦千秋のメイクアップ大全集」レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


今日のあさめしはひやめしと、玉子焼きと出汁が効いたお味噌汁

私の大好物ばかりです。



10分で食べ終わり、8時10分に自宅アパートを目を擦りながら出発です^^;



最近出来たファミリーマートに入店して、コカ・コーラをかいました。



普段通り。これが大事。。



現場について、日課であるニュースを覗いてみると

トップニュースは・・・

↓↓

●20型前後の「テーブルトップPC」がおもしろい
現在のところWindows 8 / 8.1を搭載したピュアタブレットの最大サイズは11.6型で、それ以上のサイズは2in1タイプのPCとなる。ここでは14型以上の2in1 PCをまとめていこう。

【もっとほかの写真をみる】

この冬注目の、そして買ってみたいWindowsタブレット & 2in1 PC
■8型タブレット(日本エイサー/デル/東芝/レノボ・ジャパン)
■10型〜13.3型 2in1 PC その1(富士通/日本マイクロソフト/ASUSTeK Computer/シャープ)
■10型〜13.3型 2in1 PC その2(ソニー/NEC/東芝/パナソニック)
■10型〜13.3型 2in1 PC その3(デル/レノボ・ジャパン/日本ヒューレット・パッカード)
■14型以上 2in1 PC(ソニー/レノボ・ジャパン)
2013年の秋冬モデルにおける14型以上の2in1 PCは4モデルだ。そのうち2モデルがソニー製、残る2モデルがレノボ・ジャパン製だ。それぞれ14型モデルと、「テーブルトップPC」と呼ばれる大型モデルがラインナップされている。

テーブルトップPCとは、文字通り「テーブルの上」で使うことを想定したPCだ。20型前後の液晶ディスプレイを寝かせることで、大型タブレットとして使えるオールインワン(液晶一体型)のデスクトップを指す。

テーブルトップPCのメリットは、複数のユーザーで画面を確認しながら同時にタッチ操作できる点だろう。数人で囲むように画面を見ながら操作できるので、家族で写真を見たり、仕事のメンバーと打ち合わせしたり、といった使い方にも向く。バッテリを内蔵しているので、電源に接続しなくてもある程度の時間ならバッテリ駆動できるのも特徴だ(モバイルノートPCほどの長時間駆動は無理だが)。テーブルトップPCは、2012年のWindows 8発売後に登場してから、徐々に市場を広げつつあるジャンルの製品だ。

●クラムシェルノートからタブレットへ早変わり - ソニー「VAIO Fit 14A」
○クラムシェルノートからタブレットへ早変わり - ソニー「VAIO Fit 14A」

「VAIO Fit 14A」は、クラムシェル型ノートPCからタブレットスタイルに変形する2in1タイプのPCだ。「マルチフリップ」と呼ばれるヒンジ機構によって、液晶ディスプレイを回転させて「タブレットモード」に変形する。回転後の液晶ディスプレイをやや開いて設置する状態は「ビューモード」と呼ばれ、動画やタッチ対応アプリを楽しむのに適したモードだ。

CPUにはIntel Pentium 3556U(1.70GHz)を採用し、メモリは4GB、ストレージは1TBのHDDという構成。液晶ディスプレイの解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)で、10点マルチタッチに対応している。センサー類を搭載しているので、本体の向きを変えて画面の表示方向を変えることも可能だ。インタフェース類はUSB 3.0×2やHDMI、NFCなどが用意されている。

本体のサイズはW336.1×D234.9×H18〜19.8mm、重量は約1.96kg、バッテリ駆動時間は約6時間だ。14型ノートPCは本体が大きくなりがちなこともあり、純粋なモバイル用途には最適とはいえないが、持ち運べないスペックではない。

店頭予想価格は140,000円前後で、15型液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Fit 15A」もある(店頭予想価格は最上位モデルが225,000円前後、上位モデルが190,000円前後、下位モデルが165,000円前後)。パーツ構成をカスタマイズ可能な直販CTOのオーナーメードモデルは、VAIO Fit 14Aの最小構成価格が89,800円から、VAIO Fit 15Aは79,800円からだ(いずれもキャンペーン適用時、2013年12月30日時点)。

●パワフル&高機能なテーブルトップPC - ソニー「VAIO Tap 21」
○パワフル&高機能なテーブルトップPC - ソニー「VAIO Tap 21」

ソニーの「VAIO Tap 21」は、フルHD(1,920×1,080ドット)対応の21.5型液晶ディスプレイを搭載したテーブルトップPCだ。液晶ディスプレイ上部を片手で軽く押しこむだけで、「テーブルトップモード」と呼ばれる水平に寝かせた状態にすることが可能。反対に液晶ディスプレイを持ち上げれば、すぐにデスクトップPCとして利用できる。

店頭販売向けには、CPUやメモリ容量、ストレージの種類などが異なる3種類のモデルを用意。搭載CPUはIntel Core i7-4500U(1.80GHz)、Core i5-4200U(1.60GHz)、Core i3-4005U(1.70GHz)で、メモリはCore i7搭載モデルが8GB、Core i5/i3搭載モデルが4GBとなる。ストレージはCore i7/i5搭載モデルが1TBのハイブリッドHDDを採用し、Core i3搭載モデルが1TB HDDだ。光学ドライブはCore i7/i5搭載モデルがブルーレイディスクドライブ、Core i3搭載モデルはDVDスーパーマルチドライブとなる。

店頭予想価格は、Core i7搭載モデルが200,000円前後、Core i5搭載モデルが180,000円前後、Core i3搭載モデルが160,000円前後だ。パーツ構成を自由に選択できる直販CTOのオーナーメードモデルは、最小構成価格が92,800円となっている(キャンペーン適用時、2013年12月30日時点)。

インタフェース類はUSB 3.0×2やHDMI、NFCなど十分な構成。付属ソフトも充実しており、「Office Home and Business 2013」や「Adobe Photoshop Elements 10 」に加え、家族でお絵かきを楽しめる「Family Paint」、写真や動画などを複数のメンバーで楽しめる「VAIO Tabletop」などを用意している。

●クラムシェルとスタンドモードを使い分け - レノボ「Flex 14」
○クラムシェルとスタンドモードを使い分け - レノボ「Flex 14」

レノボ・ジャパンの「Flex 14」は、液晶ディスプレイを300度回転させることで、タッチ操作に適した「スタンドモード」に変形する14型のWindows 8搭載Ultrabookだ。10.1型「Flex 10」と同じく完全なタブレットスタイルにはならないが、キーボードをスタンド代わりに液晶ディスプレイを固定するため、タッチ操作時のぐらつきが少ない。アプリの利用はもちろん、動画や写真を楽しむのに適したスタイルだ。

店頭販売向けには、Intel Core i3-4010U(1.70GHz)と4GBメモリを搭載したモデルと、Intel Core i5-4200U(1.60GHz)と8GBメモリを搭載したモデルが用意されている。ストレージは500GB HDD(キャッシュ用の16GB SSDあり)という構成だ。液晶ディスプレイの解像度は1,366×768ドットで10点マルチタッチに対応している。インタフェースは、HDMI、USB 2.0×2とUSB 3.0×1などだ。

サイズはW343.2×D250.9×H6〜21.5mmで、重量は約2.8kg。バッテリ駆動時間はCore i3モデルで約8.6時間、Core i5モデルで約8.1時間と、比較的長い。本体サイズや重量の面でモバイル用途には厳しいが、例えばオフィスで長時間の会議といったシーンでも、バッテリ切れを心配せずに使えるはずだ。店頭予想価格は、Core i3モデルが106,800円前後、Core i5モデルが116,800円前後。

●楽しさ満点のWindows8.1搭載テーブルトップ - レノボ「Flex 20」
○楽しさ満点のWindows8.1搭載テーブルトップ - レノボ「Flex 20」

家族みんなで写真や動画、ゲームなどを楽しみたいなら、大型タブレットとしても使えるレノボ・ジャパンのテーブルトップPC「Flex 20」がおすすめだ。背面のスタンドを調整することで、液晶ディスプレイの角度を75度まで無断階に調整可能。水平にすれば複数人で囲むように画面を見たり、タッチ操作できる。2人以上のユーザーで同時に写真や動画などを楽しめるアプリ「Aura」や、タッチ操作での対戦プレーが可能なゲームなどもプリインストールされているほか、ゲーム用のジョイスティックが付属している点もユニークだ。

CPUはCore i3-4010U(1.70GHz)でメモリは4GB、ストレージは500GB HDDにキャッシュ用の8GB SSDを追加したハイブリッド構成だ。液晶ディスプレイのサイズは19.5型で解像度は1,600×900ドット。オールインワンPCとしては十分な基本性能だが、インタフェース類がUSB 3.0×2とオーディオ出力のみと、必要最低限なのが残念。写真を楽しむならメモリカードリーダがあれば便利だが、USB接続のリーダを用意すれば問題ない。

バッテリ駆動時間は約4時間だが、屋内で使うには十分なスタミナだ。リビングに持ち込んで家族みんなで動画を鑑賞したり、打ち合わせやプレゼンなどに利用するのもアリだろう。店頭予想価格は124,800円前後だ。

(高橋量)
(この記事はマイナビニュースから引用させて頂きました)



・・・どうりで。

本当かな〜



はい、では今日の本題。
んーっと、今日の業務は・・・

まあまあ予定通りに行けばサイトアフィリに11時間と、ヤフオクで出品作業に時間。



ちょっと辛いけど予定通り進むでしょう。



稼ぐぞ〜



そうそう、動画でこんなの

↓↓





あら^^;バカみたい?(笑)

まあいいか^^;



さーて夕飯は何しよ?

すき焼きかお茶漬けが食べたいな〜



これも良いか?

↓↓





多分次の更新はこの後数時間後になると思います。

カミングsoon!

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるpxp3
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる