タンガニーカランプアイの藤林

June 11 [Sat], 2016, 15:56
辞書を引く前にネットで調べるような現代では、どんな事でもネットでできるようになりました。結婚相手を探す場合は、婚活のサイトで検索して探すことができます。手軽に交際相手を探すには、「出会い系サイト」と呼ばれるWebサイトを利用すれば可能です。知り合いとのコミュニケーション手段としては、メールも電話も無料でできるLINEがよく使われています。でも都合の良い事ばかりではありません。この様な便利さがあらたな問題を呼んでいます。ネット上での「おしゃべり」だけのつもりがリアルな浮気につながったり、Web上で虚偽のプロフィールを掲載する事も簡単に出来てしまうのです。
インターネットで、すぐに入手できない調べものは何かと言うと、「現在の」自分以外の人間の活動です!セレブの中には所在や今思っている事をネット上に晒している人も居りますが、わざわざ知られたくない事までは発信していないでしょう。本人にとって不利な事まで責任ある調査をしてくれるのが、探偵であったり、興信所なのです。
興信所(探偵事務所)に依頼される案件で最も多いのは、浮気調査だと言われています。道徳意識の低下によって浮気や不倫をする人が増えてしまったのが原因ですが、携帯端末の普及によって自分と相手だけで第三者の取次ぎなく通話できるようになった点が挙げられます。少し前までなら奥様が旦那様の浮気調査を依頼する場合が多かったのですが、近ごろではその逆のパターンも多くなっています。これは女性の潜在意識を刺激する出会い系の影響でしょう。無料でお試し入会した後にどんどん深みにはまってしまう女性達がいるのです。
最近、興信所や探偵に依頼したいという需要は高まっていますが、電話してみる事もなく自然消滅してしまう人がほとんどです。興信所や探偵について危険なものだと思っているからかもしれません。何か問題が解決した後は、その件について人に話したりすると思います。でも探偵に関わった事をわざわざ他人には言わないかもしれません。一度も利用する事なく人生を終えても不思議はありません。その為かプロとしての優れた技術面にはスポットを当てられず、怪しい存在に見られているのだと思います。
息子・娘から結婚相手を紹介された後、勝手に身上調査をする親御さんは多いです。同じ地域の出身、同じ会社、友人ぐるみの付き合い等から発展する結婚はあまり心配いりません。ところが、インターネットを利用した婚活で結ばれる二人の場合は、本当の性格や趣味嗜好まで熟知できていないと思います。よって、中には現実とはかけ離れた立派な事だけをアピールする人も出てきます。そのような虚偽がないかどうかを調査するのが興信所や探偵事務所です。出てもいない地元の有名校を履歴書に記したり、ひどいのは、既婚なのに未婚と申告している者もいます。これらを調べるために、戸籍謄本や住民票などを精査していきます。さらに必要に応じて張り込み、尾行なども行います。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨウタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d42ternacalecr/index1_0.rdf