めのくまや田中謹也とかブルーベリー。

July 22 [Mon], 2013, 6:49
目の周辺のマッサージを行ったり、眼精疲労や血行促進に効果があるツボを刺激するなどして、体の外側から目のくまをケアすることは出来ますよね。

視力回復の時にもよく使われている方法です。田中謹也効果で調べると結構出てくるアイトレーニングでは使われていないみたいですけどね。

でも、体の内側から目のくまをケア出来るような効果的な食べ物はあるのでしょうか?疲れが蓄積すると、目の周りの血管の血流が悪化し、くまとなって現れて来てしまいます。なので、それを取り除くようなビタミンAや疲労を回復してくれるビタミンB、色素沈着を防いでくれるビタミンCなどを摂取するよう心がけましょう。例えば、にんじん。にんじんにはβ−カロテンという栄養成分が豊富に含まれていて、このβ−カロテンが眼精疲労に効果的だと言われています。さらに、にんじんは油を加えると、吸収率がアップするとも言われているので、野菜炒めなどにして摂取するとより効果的でしょう。フルーツですと、ブルーベリーやカシスが目のくまに効果的だと考えられています。ブルーベリーが視力回復などに良いと言われているのは有名なことですが、眼精疲労や目の機能を維持するためにも、とても効果の高いフルーツなのです。そして、カシスが持っている血行促進作用と抗酸化作用は、目のくまを予防するのに最適な作用です。カシスやブルーベリーを直接食べるのがもちろん一番いいのですが、なかなか手に入れることが出来なかったりもしますよね。その場合には、サプリメントで補ってあげるのもいいかもしれません。他にも、ビタミンAを多く含んでいる食べ物として、レバーやチーズ、ほうれん草やブロッコリーなどがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みう5lv0
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d40kb22o/index1_0.rdf