他の女の影〜中編〜

September 14 [Fri], 2012, 7:45
送り主は桜井ちゃん。
私の知らない女。
私の知らないそいつと過ごした時間、交わした会話があったのだろう。
思わず顔が強ばったような、悲しそうな表情になった。
そういえば昨日、いつもより1時間半くらい帰りが遅かった。
家着いたの21時過ぎだったからソワソワしたの覚えてる。
だいたい帰るよメールが届いてから家に着くまで約2時間。
昨日はそれがなかった。
キュッシャワーを止める音すぐに電源ボタンを連打し画面を元通りにし、置いてあったとこに戻した。
そういえばねぇあのメールのことうん明日午前中に支払い行ってきて欲しいんだうん違う話か、とホッとしながら配膳したり味噌汁を温めたりしながら桜井ちゃんの勝手なイメージを造り上げる。
ちゃん付けってことはまだ知り合ってすぐかな。
まだそんなに深い付き合いじゃなさそう桜井ちゃん桜井ちゃん桜井中嶋ひろ 迷惑メールちゃん私は昔から桜がつく名前に憧れを持っていた。
それが余計に妄想を美化させてしまい、お酒が相手に合わせられる程度に飲めて、私が飲めない日本酒やビールなんかもさくっと飲めて、明るくて、色白くて、髪は茶髪ロングっぽい。
全く知らない人間に対して次々と像が出来上がっていき、なんか知らないけど勝手に桜井ちゃんさっぱりした美人というイメージがついてしまった。
それに比べて私は基本すっぴんで、ーブラキャミにパンツ。
本来他人に隠すような格好を平気でしてる。
なんか恥ずかしくなって勝手にいじける。
続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d3wnaw33qy
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d3wnaw33qy/index1_0.rdf