野澤がコチドリ

March 31 [Thu], 2016, 18:54
アトピーに良い作用の化粧水を使用してします。

知り合いから紹介された化粧水は、ひどかった私のアトピーを大変きれいに治してくれたのです。今まで嫌いだった鏡を見るのが、嬉しくなりました。
触る度に素肌がスベスベになったことをしっかり実感できます。


子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳の頃でした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。グルコサミンサプリメントと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。

子供の頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、決まって私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人のグルコサミン」とコマーシャルで言っていますが、私には効果が得られるグルコサミンサプリとは、まずはビオフェルミンなのです。インフルエンザにならないようにするためにグルコサミンが効果的だといわれています。


約1年前に、テレビで子供にグルコサミンが豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したという番組を見たことがあります。



私の子供が受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。特にグルコサミンが腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが断然いいそうです。


グルコサミンをどう選べばよいかというと、まず、グルコサミンを含む商品を試してみると良いでしょう。

このごろでは、変な味のし内、グルコサミンドリンクもあるほか、サプリというものも出回っています。
私は腸まで届く効果のあるグルコサミン飲料を試しに、飲んでみたとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、試すのは休日前がいいかもしれません。
今、便秘を解消するのに効果的なものは、グルコサミンが入ったサプリです。おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、中々、グルコサミンが入った飲み物が苦手だという人も多いです。
しかも、毎日グルコサミンが含まれている食べ物をとるのは大変苦労します。

グルコサミンが入ったサプリメントなら、手軽にちゃんとグルコサミンを摂取することができますので、便秘にいいといわれています。アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少ない状態になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が少なくなっています。

補い健康状態にするには、保湿することがとても大事です。そのために、お肌の表面を守って、水分が抜けないように保湿剤を使う事が必要なのです。
最近の調べで、グルコサミンにはたくさんの健康作用があるのですが、中でもお腹に効力を発揮するといわれているようです。


腸内善玉菌を増殖させることで腸の活動が活発になり体の中で蓄積した便が排泄されやすくなります。



ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。
グルコサミンを日々飲むことで内臓、腸を整える効果が高まります。


屁の臭いに悩んでいる方はグルコサミンが効きます。
屁の臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。なので、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する能力のあるグルコサミンを摂ることで臭いを和らげることができます。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、はなはだ大変なことにすすんでいきます。まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。



インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が打倒かもしれません。

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が体験してみると、大量に食べないと、効果があまり感じられません。1日につき1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルト好きはいいですが、嫌いな人も、ジャムで味を変えたりしてできるだけ摂取するとよいでしょう。

グルコサミンをたくさん摂りすぎても特に副作用はありません。

ところが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーがオーバーすることはありますよね。
消化吸収できる量にも限界というものがあるので、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。
アトピーはグルコサミンの性質により、よくなるかもといわれています。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体が発生します。

そしてこのIgEという抗体が多くの数発生してしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギー発生につながっていきます。

これがアトピーの原因であるとされており、グルコサミンには、IgEの発生を抑える働きがあるのです。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃ほどまで上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。


インフルエンザの検査が実施できますよと教えてくれました。
私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を頂けるので、検査したいと念じました。インフルエンザは風邪と比べて別のもの知られています。
その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、短時間で高熱に達し、3日から7日ほどその状態が続きます。


型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、恐ろしくもある感染症です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奈々
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d3slidkens1ras/index1_0.rdf