影となり働く方々へ。

May 07 [Sat], 2011, 9:33
長渕慰問で自衛隊員極限伸びた災害が起こった時、世の中のフォーカスは、被災した方々に集まる。それは、決して間違いではない。突然、困難と失意の底に突き落とされた方々の現状を広く伝え、支援への気運を高め、正確な支援のための情報を流すことは、とても、大切なことだ。しかし、そのスポットが当たらないところで、黙々と作業をされている方々を、私たちは忘れてはいけないと思う。時に寝る間を惜しみ、時に食を忘れ、時に励ましと愛しみの言葉をかけながら、被災者に代わって人を探し、我々に代わって支援物資を運び、責任者に代わって危険な場所での作業に励む。それが仕事と云えコキ200ばそれまでだが、我々には到底、出来ることではない。日頃の鍛錬と、職務への責任感、そして何より、人の力になりたいという志のなせる技なのだろう。ただ、彼らも人間である。疲れもするし、落ち込みもする。失意にまみれることもあれば、限界を感じることもあるだろう。そんな彼らが、長渕氏の歌を聴き、新たに士気を高めたのであれば、大いに評価されて然るべきだろう。自衛隊の方のみならず、被災者の方々や被災地のために、労を惜しんで働かれている方々へ、私たちは、もっと感謝しなければならないのではないかこのニュースは、そんな想いを、呼び起こしてくれた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d33rxtucj2
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d33rxtucj2/index1_0.rdf