政務三役給与、議員と同額に…上乗せカット検討(読売新聞)

January 15 [Fri], 2010, 9:59
 政府は、閣僚、副大臣、政務官の「政務三役」の給与について、議員歳費分を除く部分を支給せず、政府入りしていない国会議員と同額とする方向で検討を始めた。

 政務三役が率先して給与を減らすことで、民主党が政権公約(マニフェスト)で明記した「国家公務員の総人件費2割削減」の実現を後押しする狙いがある。

 閣僚などの給与は、特別職給与法改正案で、首相241万6050円、閣僚176万3190円、副大臣168万9480円、政務官144万270円と定められている。それぞれ国会議員の歳費(月額129万7000円)を除いた分が各省庁から支給される。現在、閣僚や副大臣となっている国会議員は、民間給与の動向などに合わせ、すでに給与の1割を返納している。

n0frne0cのブログ
t777wps8のブログ
サラリーマン募集中!
バリバリバスガイドでがんばるぞ
しゅうじのブログ
  • URL:http://yaplog.jp/d2icvk04/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。