看護師の転職の際に面接で注意する退職理由

December 15 [Tue], 2015, 22:39
看護師の転職の時には、新しい職場に就職する際に必ず面接がありますが、その面接で採用されるかどうか大きく左右されるケースがあります。

転職理由を面接官に聞かれたときは、人間関係に疲れたや職場の先輩にいじめられた等の理由を正直に話すとマイナスになるケースがあります。
人間関係に疲れて新しい職場を探してリセットする事は良いことですが、面接でそれを言ってしまうと、コミュニケーション能力が足りない人で協調性に欠けると評価されてしまいマイナスになる事があります。


いじめられて辞めたと聞くと気の毒にも感じますが、大したことでも無いことを大げさに被害妄想に言っているように捉えられてしまう事もあるので、面接では言わない方が無難です。前職を辞めた理由として多いのが、結婚をしたので仕事を辞めたと言う理由もありますが、その場合も家事や子育てが忙しくなって、今は一区切りできたので、また働きたいと明確に理由を言うのが良いです。

説明がないと個人的な理由ですぐに仕事を辞める人だと思われる可能性があるからです。


体調を壊して辞めた場合は、今は体が元気に回復した事をアピールする事も大切です。

看護師の仕事は、多くの職場があるので就職先を選ばなければ働く場所は見つかりますが、高待遇で人気の職場の場合は面接で合否が決まることも多いので注意が必要です。

看護師の転職を考えている人は自分を客観的に見てどんな仕事をしたいのかを良く考えてから仕事選びをするのが良いです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こくとー
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d2hf9yb6/index1_0.rdf