近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行するこ

August 05 [Fri], 2016, 21:53

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果的だといわれています。







1年程度前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。







私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。







乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが格別にいいそうです。







どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試してみると良いでしょう。







最近は、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリというものも売られています。







私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。







アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。







アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという名の抗体が発生します。







数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギー発生につながっていきます。







アトピーを起こす原因とされていますが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。







私が便秘になった理由は、運動不足のせいなのでしょう。







会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もほとんどないのです。







ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。







そのせいで、私は便秘なのだと考えています。







便秘改善のためにも、ウォーキングをすることにしました。







特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が摂取できるサプリです。







おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も多々居ます。







しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を口にするのは大変です。







サプリメントなら、お手軽かつ確実に乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘が改善することになります。







インフルエンザは風邪とは違うもの知られています。







その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急な高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。







種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状に、小さな違いがあります。







場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、甘くは見ることはできない感染症です。







美肌効果があると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実のところは、ヨーグルトと同様に食品だそうです。







「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。







これではちょっと照れくさいです。







以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私の経験によると、大量に食べないと、大して、効果が感じられない気がします。







1日につき1パック位食べて、やっとお通じがあります。







ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムなどを入れて、なるべく摂取するとよいでしょう。







近年の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かるようになってきました。







インフルエンザの症状をワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。







乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。







ここのところ、乳酸菌がアトピーをよくすることがわかってきています。







ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。







アトピー患者の大体は腸の状態がよくないため、乳酸菌を摂取して内臓環境をよくすることがアトピーを完治する手段となります。







娘のインフルエンザの予防注射につれて行きました。







注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。







予防接種の後は怖い!と伝えていました。







見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も語れませんでした。







インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。







その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、短時間で高熱に達し、それ症状が3日から7日続きます。







種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等少々違いが見られます。







場合によっては、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、怖くもある感染症です。







近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。







年々予防注射で予防する人も増えてきているようですが、都市部では結構な数の人数がかかているのが現状です。







感染経路は多種多様だと思いますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染している可能性が考えられます。







乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。







しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果は期待薄ではという考えを持つ人もいます。







でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康にとても効果的です。







私は先天性のアトピーを持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛ましい見た目でした。







様々な治療法をやっても、効果が全くなかったのに、別の場所に引っ越したところ、あっという間に肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。







思いきりよく環境を変えるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。







夜更けに高熱が出て、40℃前後まで上がって調子が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。







先生はインフルエンザかどうか調べられますよと尋ねられました。







万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、調べたいと考えました。







花粉症となった以来、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。







二年前より花粉症となってしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。







お薬を飲むことは気が乗らなかったので、テレビにて紹介していた乳酸菌サプリを試しました。







今は、花粉症を抑えられています。







この数年、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが解明されてきました。







アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって原因となることもあります。







多くのアトピー患者はおなかの環境があまり整備されていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。







私には乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。







昔から売られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。







事実、アトピーで出る症状は大変にきびしい症状になります。







季節関係なしに1年中痒みとの根くらべになります。







汗をかく夏場は痒みが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。







また、アレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。








http://b35.chip.jp/w28rupe/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d2f0t4m
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d2f0t4m/index1_0.rdf