サラリーマンである夫が「ひょっとしたら浮気をしているのか

July 02 [Sat], 2016, 4:05

もし浮気調査の検討を始めているのだったら、料金のみで選ぶことなく、調査能力という観点だって重視するのが重要です。







調査力の水準が低い探偵社に浮気調査を申し込むと、料金を取られるだけで値打ちはゼロです。







不倫中であることは触れずに、思いがけないタイミングで離婚してくれと頼んできたケースは、浮気の証拠をつかまれてから離婚することになってしまうと、かなりの慰謝料を払う責任ができるので、感づかれないようにしている事だって十分あり得ます。







離婚してから定められた3年間を経過すると、残念ながら相手側に慰謝料を払うよう求められなくなるのです。







ということなので、仮に時効の3年間経過寸前だという方は、できるだけ早く信頼できる弁護士との相談を行いましょう。







元カレ、元カノから慰謝料を払うようにと請求された場合や、会社でセクハラされた、このほかにも様々な法律相談があるわけです。







自分だけで苦悩せず、なるべくお任せできる弁護士に依頼してください。







年収や実際の浮気の長さにより、主張できる慰謝料の請求額が大きく異なるなんて勘違いも多いんですが、本当は違うんです。







まれなケースを除いて、要求が認められる慰謝料の金額は約300万円です。







引き取った子供の養育費とか慰謝料の支払いを求める場面で、優位に立つことが可能になるゆるぎない証拠を集めるための調査のほかに、いったい誰と浮気しているのか?などの身元確認調査や関係人物の素行調査も行います。







何があっても夫を監視したり追跡したりするのに、夫やあなたの友人あるいは親兄弟などに力を貸してもらうのは論外です。







あなたが夫と話し合い、本当に浮気しているのかを確認するべきなのです。







結婚を控えてという方からの素行調査のお申込みも少なくなく、見合いで出会った相手とか婚約者がどんな生活を送っているのかについて確認したいなんて依頼も、この頃は普通に見かけるようになっています。







必要な料金は10万円〜20万円くらいだとお考えください。







簡単に説明すると、興信所あるいは探偵事務所で依頼する浮気調査となりますと、ターゲットそれぞれで浮気のパターンや回数、時間や場所だって異なるので、調査完了までの時間数及び期間などによって費用の合計が違ってきます。







探偵事務所を利用するのであれば、先に間違いなく把握しておくべきなのは、素行調査にどのようにいくら料金がかかるのかということです。







時間によって決まるもの、セット料金、成功報酬等、それぞれの探偵事務所によりかかる料金についての設定が異なりますので、しっかりと確認するべき項目です。







相手側の人間は、不倫の事実を深刻に感じていないことがかなりあって、協議の場に来ないなんてことも少なくありません。







とはいえ、弁護士事務所から書面によって呼び出しを受けたら、無視することはできないのです。







調査を行う場合の調査料金は、探偵社それぞれによって大きな違いがあるものなのです。







だが、その料金だけじゃ探偵が高い技術を持っているかいないかについては見極められません。







何か所も問い合わせたり比べてみることも欠かすことができないことだということをお忘れなく。







女の人の勘に関しては、驚くほど的中するものみたいで、ご婦人の側から探偵事務所にお願いされた浮気に関するものや不倫での素行調査の内、なんと約8割が当たっているそうです。







料金0円で法律のことや一括試算など、抱え込んでしまっている面倒な問題やお悩みについて、弁護士の先生からアドバイスを受けることも実現可能です。







みなさんの不倫関係の苦しみや悩みを無くしましょう。







やはり離婚をするというのは、予想以上に身体も精神も大変な出来事です。







主人が不倫をしていたことが明白になって、とても悩んだ末に、やはり元には戻れないとなり、夫婦生活の終了のための離婚に落ち着いたのです。







離婚することになる理由というのは多様で、「家に生活費などをちっとも入れない」「夜の生活が合わない」などもあげられると予想できますが、それらの元凶が「内緒で不倫をしているため」であるかもしれません。







浮気調査をはじめとする調査の依頼をしたいなんて思った人が、ネット経由で探偵社の公式ホームページを利用して調査完了後に請求される料金を計算してみたいと考えても、まず詳しい内容は掲載していません。







「愛情と信頼で結ばれている妻は疑えない」「自分の妻が浮気をしているなんて絶対に信じない!」なんて人がきっとほとんどなのではないでしょうか。







そうはいっても実際には、不倫だとか浮気をしている女性が間違いなく増えているのがわかります。







収入額とかどれだけ長く不倫や浮気をしたのかの日数が違うと、主張できる慰謝料の請求額が高くなったり低くなったり差が開くと思っている方が少なくありませんが、実はそうではないのです。







通常であれば、支払われる慰謝料は約300万円です。







そのときの事情によって違ってくるので、全部同じには扱えないのですが、既婚者の浮気である不倫で最終的に離婚した場合ですと慰謝料の請求額は、大体100万円〜300万円程度というのがきっと一般的な金額だと思います。







明確で言い逃れもできないような証拠を握るには、苦労も多いし、時間が無いのでは不可能で、普通に仕事をしている夫が妻が浮気しているところを突き止めるのは、困難であきらめてしまうケースが少なくないのでお勧めできません。







「妻と私は愛し合っていて疑う余地などない」「ほかの男と妻が浮気中なんて絶対に信じない!」そんなふうにおっしゃる方が非常に多いと予想されます。







しかしながら本当のところ、女性による浮気が確かに増加の一途をたどっています。







夫または妻が浮気だとか不倫(いわゆる不貞行為)をやったケースだと、もう一方、つまり浮気の被害にあった方は、自分の配偶者の貞操権侵害による心理的苦痛を受けたことへの当然の権利として、法律上慰謝料として、損害賠償を求めることが可能にと言う立場になります。







調査してもらった方がいいのかな?何円くらいの費用かかるのかな?何日くらい?わざわざ不倫調査を実施しても、はっきりしなかったらいったいどうなってしまうの?人それぞれに躊躇うのも仕方ないですよね。







なんと探偵とか興信所の料金などの体系や適用する基準には、統一されたルールは作られてなく、それぞれ特徴のある独自に作られたシステムがあるので、すごくはっきりしません。







もしも配偶者による浮気である不倫に気付いて、許すことはできず「離婚する」ということを決めた場合でも、「配偶者の顔も見たくない。







」「話し合いも協議もしたくないから。







」といって、話し合いの場を持たずに離婚届を自分だけで出すのは完全にNGです。







出来れば浮気調査が行われて、「浮気の事実を証明できる証拠を入手したらそれで終わり」ではなく、離婚に向けた訴訟あるいは和解するために必要な助言やアドバイスも可能な探偵社での依頼がオススメです。







よく聞く女の勘として知られているものは、高い確率で当たっているみたいで、女の人によって探偵や興信所に相談があった不倫・浮気に関する問題が発端となっている素行調査では、驚くことに8割が浮気を的中させているのです。







サラリーマンである夫が「ひょっとしたら浮気をしているのかも?」そんなふうに思っていても、仕事をしながら合間の時間で自分だけで妻の浮気を確認するのは、やはり相当困難を伴うので、離婚に至るまでに相当長い期間がかかってしまうんです。







素人の浮気調査、この場合調査に必要になる費用の大幅なカットができます。







だけどトータル的に浮気調査の品質が低いため、高い確率で気づかれやすいなどといった不安があるのです。








http://plaza.rakuten.co.jp/bsya31f
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d2ewsff
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d2ewsff/index1_0.rdf