一度目の妊娠の時流産してしまいました。とて

May 25 [Wed], 2016, 2:31
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。



とても悲しくて、しばらくコドモのことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、やっぱりコドモが欲しいと思い、そこから妊活を始めました。







今度の妊活では体づくりにも注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)しました。以前から悩まされていた冷え性を克服するように、まず運動で、体を変えてみようと思いました。



運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善することが出来立ため、妊娠にむけて前むきな気持ちです。

妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。





妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんに結構優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。



葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)です。

では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、授乳が終わるまで摂りつづけるのが理想とされています。



そんなに長い期間と言われ沿うですが、どんなに短くても妊娠中期までは意識して葉酸の摂取をつづけて欲しいのです。



葉酸は胎児の発育だけでなくお母さんがゲンキで過ごすためにも必要となる栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)なので欠乏による病気や不調を起こさないようにがんばって摂るのが望ましいのです。妊娠している女性と胎児の健康を考えると葉酸は非常に重要な栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)と言えます。いわゆる緑の野菜には、葉酸が多く含まれると考えて頂戴。よく知られている食材としては枝豆、ほうれん草などでしょう。





ほうれん草はさらに、葉酸と共に必要になる栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)の鉄分も多く含む食材として有名なので野菜の中でも、お勧めできるものです。私の考えでは妊活中は是非カイロを使って欲しいです。2足重ねて靴下を履いたり、分厚い下着を身に着けたりと工夫しても、私はひどい冷え性ですので努力もむなしく体の末端がすぐに冷えてしまいます。こんな状態だと妊娠は難しいでしょう。けれど、カイロ使いにより、冷えが緩和したのです。

皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、服の上からの利用は、妊活中の人にはすすめたい方法の一つです。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸のはたらきは最も重要なものだといわれていて、厚生労働省によって妊娠を要望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。





それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿とか汗で流出します。

そのため、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

とはいえ、過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)して、指示された分量と用法を守って頂戴。仲良くしている御友達が妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。



その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かりました。ずっと頑張っていたので、皆様でお祝いを計画しています。基礎体温を上げる事や、代謝の活発化を図ることで妊娠しやすさが変わっていきます。

日頃から運動をしないという妊活中の女性は、出来るだけ、身体を動かすようにして頂戴、大変な運動でなくて構わないのですので、ストレッチあるいはヨガなど、緩やかな動きのものがいいでしょう。

本日では妊活に特化したヨガを行っているコースが設けられているスタジオもあり、注目を集めています。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸の摂取を心がけるようになっ立という方が多いのではないかと思います。

それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても良いと思います。

でも、葉酸には体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)でもありますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取しつづけることが毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朱里
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d1roiep7odva5o/index1_0.rdf