津村だけどカイエン

June 16 [Thu], 2016, 11:19
乳酸菌サプリメントと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。



子供の頃から知られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、変わることなく私のお腹を守り続けてくれていました。


「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなります。
最近の研究成果でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということがはっきりとわかってきました。インフルエンザはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。


。このごろ、乳酸菌がアトピーをよくすることがわかってきています。

引き起こすものはいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあります。また、アトピー患者の多数は腸の状態がよくないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがアトピーを治す第一歩となります。
最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でも整腸作用の効力が高いとのことです。



内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活発になり体内に溜まっていた便が出やすくなります。


それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。
乳酸菌を常に飲むことで腸を整える効果が強まります。
おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効きます。



おならの臭気の原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。
ということで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ役割をする、乳酸菌を継続して摂取することで屁の臭いを抑えることができます。
この間、インフルエンザに罹患してしまって病院を受診しました。潜伏期間はどのくらいなのか判然としませんが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいてうつったのだろうと考えています。

3日間発熱し続け辛い思いをしました。


インフルエンザは高い熱が続くので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは共通ですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る能力があるのだそうです。ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。



ここ最近は、様々な感染症の話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。



インフルエンザの感染が判明すると学校の出席が5日間できなくなります。インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。熱がすっかり下がっても、体内にウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。とにかく出席停止の期間を厳守することが感染を防ぐのに必要なことです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d1fdinigibf49u/index1_0.rdf