脱毛器の照射面積って結局どういうこと?

October 18 [Sat], 2014, 16:53
脱毛器の照射面積というのは、1回のショットで脱毛施術をできる範囲のことになります。その範囲が広ければ広いほど、脱毛器のショット数を少なくすることができるので、カートリッジの交換をするのも頻繁にはやらなくてもよくて、コストの削減にもなります。ミュゼ 痛くないですが、脱毛器も痛みは少ないものもありますしね。なので、脱毛器を選ぶときには、ショット数だけでなくて、1ショットでの照射面積もしっかりと確認しておくことが大事ですね。また他にも照射面積が広いと良いことがあるのですが、それは自分で脱毛器をつかって照射する際に、やはり撃ち漏らしといいますか、施術ができていない部分ができやすいんですね。しかし、照射面積が広いということは、それだけ照射の打ち漏らしも少なくなるということです。ちなみに、照射面積が広いと、顔などの細部にはあまり向いていないのですが、その際には、照射面積を狭くするためのスリムなカートリッジなどもオプションで付いていることがほとんどなので、その場合にはそれを使うといいかと思います。

参考url http://xn--n8jva5f0pyfkb1014h.biz/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d12wjq7
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d12wjq7/index1_0.rdf