みつきでハギティ

July 10 [Sun], 2016, 2:50
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。総合的な摂取量としては不十分かもしれませんので、気を付けてください。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが心掛けたいですね。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないですよね。そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると言われていますので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。二児の母です。妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/d0cilaiy9dlucz/index1_0.rdf