インスリンとは? 

January 18 [Mon], 2016, 22:18
糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)では、インシュリン(体にとっては必要不可欠なホルモンの一種ですが、時にはダイエットの妨げともなってしまいます)という言葉を良く聞きます。糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)にはインシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)が深い関係があります。それでは、このインシュリン(体脂肪が燃焼されにくくなり、体脂肪が増えやすくなってしまうので、できるだけ分泌を抑えたいものです)って一体どんなものでしょうか?何故糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)と関係があるのでしょうか?インシュリンとは、体内のホルモンの一種です。膵臓から分泌されています。どんな作用があるかと言うと、血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が上がらないように調節する作用があると思います。血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)を常に一定にするべく、コントロールしていては言ってもよいかもしれません。食物を摂取し、血液中の血糖値(血糖ということもあるでしょう)が上がるんです。すると、インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)が分泌され、血液中のブドウ糖(多くの生き物のエネルギー源になる物質として知られています)を体の中の筋肉に送り込む事ができるのです。その結果として、血液中の血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が下がり、適度な濃度を保っているといわれているようです。体内に送りこまれたブドウ糖(果実や蜂蜜、体液の中に存在し、常温では白い結晶です)は、活動エネルギーとして使われたりします。また、余分なブドウ糖(デキストロースと呼ねれることもあり、単糖になります)は脂肪酸やグリコーゲン(インスリンにより合成が促進されます)に形を変え、体内の貯蔵エネルギーとして蓄得られるはずです。もしも、このインシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)の分泌量が減ったり、もしくは、全くでなかったとしたらどうなるはずですか?血液中のブドウ糖(血液中の主な糖成分で、動植物が活動する際のエネルギーの一つです)は体内の筋肉に送り込まれることができなくなって、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高値のままということになってしまいます。血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が高い場合には、腎臓で再吸収できなかったブドウ糖(デキストロースと呼ねれることもあり、単糖になります)が尿にも出てくるのです。これが糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)です。インシュリン(体にとっては必要不可欠なホルモンの一種ですが、時にはダイエットの妨げともなってしまいます)が出ないことで全身にブドウ糖(デキストロースと呼ねれることもあり、単糖になります)が行かなくなることから、カロリー不足を招いてしまうのです。以上のように、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)とインシュリンとは密接な関係があるのです。

インスリン注射の副作用 

January 18 [Mon], 2016, 22:15
糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の療法として、インシュリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)があるはずです。インシュリン(体にとっては必要不可欠なホルモンの一種ですが、時にはダイエットの妨げともなってしまいます)は、血糖値を下げる作用のあるホルモンです。糖尿病はこのホルモンの分泌低下が主な原因です。インシュリン注射(最近の主流は、万年筆型の注射器で、手軽に持ち運ぶことができます)は、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げるための特効薬として使用されています。それでは、万能と思われるこのインシュリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)になりますが、副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)はないのでしょう?どれほど万能と思われていても、薬物である以上、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)はつきものです。インシュリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)で、最も良く聞く副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)は、低血糖症(何らかの要因で、血液中の糖の値が1デシリットルあたり約50ミリグラム以下になることをいいます)です。もともとが血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げる注射なのですから、低くなるのは当然なになるはずですが、思った以上に下がり過ぎてしまうことが困るなんです。低血糖状態になると、無気力になったり、集中力(雑音が気になるようなら、環境音楽をきいたり、耳栓をするのも有効です)がなくなったりしてしまうのです。低血糖発作を起してまうと、意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)が朦朧としたり、酷い場合は昏睡を起こしてしまいます。ですから、低血糖を起こしたときの対処方法をよく知っておく必要があるといわれているのです。また、アレルギーも副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)としてあげられるのです。それに、インシュリン注射(腕や太ももに注射することもできますが、腹部に注射するのが一般的なんだとか)を行うことにより、赤みやかゆみを伴う事もあるかもしれませんね。注射をずっと続けていくと、その部分の皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)が硬く変化していってしまいます。加えて、体の中で分泌された物ではないインシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)を体に投与するとあって、場合によってはインシュリン抗体が産生される場合があって、コントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)がしにくくなる場合もあるらしいです。このように、特効薬と思われる薬でも、副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)はつきものです。使用する場合は、ドクターと十分に相談しながら進めて行く必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d0arv104560
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる