カードで現金化ブログ  

2014年06月20日(金) 20時10分


商品を購入した場合、業者はその商品代金のおよそ15%から30%程度の利益を差し引いて、利用者に現金を支払ってきます。
従って、商品の購入代金がそのまま利用者に戻ってくる訳ではない事も認知して置いてください。
ちなみにこの業者利益を差し引いた、利用者が手に入れる現金の率を還元率と言いますので、この言葉は覚えておいた方が良いでしょう。
業者によって、商品の取り扱い方法は千差万別です。
その為に、振り込みまでのスピード、還元率などが変わってきますので十分に比較した上、ご利用ください。


クレジットの審査に通ってカードを手にした人は、クレジットカード現金化の為の条件を既に手に入れています。
この先特に現金化に対する審査はなく、上限が300万円程度のショッピング枠を現金に換えてスムーズに借入する事が出来ます。
このスムーズさが、信用情報を基にした審査が必ず必要なローンや消費者金融での借入と大きく異なる部分です。
消費者金融を利用しようと考えた人は経験をお持ちだと思いますが、カードの審査には機械審査と本審査というプロセスがあります。
よく無人で借り入れをする事が出来ると謳っているのは機械審査の事をいい、インターネットの申し込みにしても審査機の申し込みにしても、最終的には消費者金融で個人の信用情報を精査して借りられる額を調べているという事になります。
また、借入の額によっては所属している会社に、在籍確認の電話が入ります。
これに加えて前年の収入証明などが必要な場合があります。
これは消費者金融を含む貸金業者が、基本的には貸付けに増して回収に重きを置いているから仕方のない事です。
貸した以上は高い利子をプラスして返して欲しいというのが貸金業者の本音であり、これは幾らCMなどの表層的な部分が華やかになっても変わりません。


クレジットカード現金化には大きく分けて2つの方式があります。
ひとつはキャッシュバック方式と呼ばれるもので、カードの決済金額に所定の還元率を掛けた現金を銀行口座に振り込んでくれる形です。
もうひとつは買い取り方式といって、カードを使って実際に商品を購入し、その商品を買い取った時に発生した現金を手にするという形です。
実はクレジットカード現金化の長い歴史で、その大半は買い取り方式が利用されてきました。
それだけ長い歴史を持つ買い取り方式は、どういった形で長らく利用されているのでしょうか?

カード現金化に必要なものとして、これは必ずというのは勿論ショッピング枠の残高が残っているクレジットカードです。
そして、ネットでの申し込みでも本人確認は必要な為、電話機がいります。
携帯電話、回線電話は問われません。
まれに身分証明書が不必要な業者もあるのですが、大抵は身分証明書の確認を行ってから振込となる為、固有番号がある免許証のような身分証明書を手元に用意しましょう。
必要なのはこの程度で、前年の収入証明や会社の在籍証明は不要です。
この点がカード現金化人気の理由です。
クレジットカードを持っていれば既に審査に通っているのと変わりがない為、特に利用者をアイデンティファイする必要が無いというのが現金化業者のスタンスです。
このため、様々な立場の利用者の方がスムーズにお金をショッピング枠から引き出す事が出来、カード現金化の需要もどんどん伸びています。


その点ショッピング枠現金化の場合はどうでしょうか?この際問題となってくるのは、クレジットカードを所有しているかどうか?という1点につきます。
そして現代人の大部分はクレジットカードを所有しているという事実も見逃せません。
つまりショッピング枠現金化は、クレジットカードを所有していない人を除き、確実に現金を調達できるという手軽さから生じる確実性こそが大きなメリットなのです。


物事を利用する時、なぜその物事を利用するか考えてみると、その物事が自分にとって大きなメリットがあるからこそ、人は物事を利用するものです。
例えどんな有益な物事であれ自分にメリットがなければ、多くの人はその物事を敬遠しがちになります。
ショッピング枠現金化にもいくつかメリットといえる部分があり、この部分をメリットと感じるかどうかは人それぞれです。
まずはメリットを把握し、自分にとって有益なメリットであるかを確認した上で利用を検討して見てください。
ここではショッピング枠現金化にまつわるメリットを紹介します。


クレジットカード現金化の大きな特徴の一つに、カードを持ってさえいれば誰でも利用が可能という点が挙げられますが、これは例え収入の低いフリーターの方でも、カードを所有さえしていれば、ショッピング枠の範囲内でお金を引き出すことができるのです。
この点が多くのフリーターの方のニーズに合致した点であり、クレジットカード現金化の利用者に、フリーターが多いという理由ともなっています。
更にクレジットカードショッピング枠のみのカード作成に関しては、キャッシングローンの審査と比較しても、比較的簡単にクレジットカードを作成することが可能のため、例えばクレジットカードを持っていないフリーターの方でも、簡単にカードを作ることができるという点も大きな理由の一つです。


2の安心感についても、カード現金化業者には全く取り立ての機能がないという事で説明できます。
そもそも現金化業者は通信販売業者に当たり、キャッシュバック機能のある商品を販売するという立場です。
これは貸金業者である消費者金融などと違い負債を利用者に与える立場ではないため、現金化業者から何らかの取り立てがあるという事は全くありません。
もし期日までに返済がしっかりと行われないと厳しい取り立てがある消費者金融とはこの点が異なります。


この辺りはただ一方的にこのような現金化サイトを見るだけではなく、目星をつけた現金化業者との電話などで、還元率のアップを実施しているキャンペーンの有無、振り込みにかかる時間などを確認・交渉することは決しておかしなことではありませんから、ダメモトで一応は話し合いをするようにしましょう。
そうすれば現金化業者選びで失敗するようなことはなくなるでしょう。


現金化業者は現在、怪しいと商売自体が成り立たなくなってきているというのが現状です。
クレジットカードの業者が融資元として解りやすいのに比べて、カード現金化ではどうしても現金化業者の役割が不明瞭になりがちです。
また、組合の情報などをもとにクレジットカードの利用方法を啓蒙するカード会社に対して、現金化業者は触法していない行為をあまり主張してこなかったという背景がありますが、ネットでの申し込みが主流な現在、あからさまな詐欺行為を働ける業者がまずないと言ってよいでしょう。
また、カード現金化業者はヤミ金融などの、初めから触法行為である事が前提で存在している業者とは全く違います。
景品業法に規制される事の多いクレジットカードの利用ですが、現金化業者は全くこの法に触れず、単にクレジットカードのショッピング枠を使って購入を代行し、転売した商品代金を利用者にキャッシュバックするというだけの存在です。
ノウハウを蓄積すれば転売はスムーズに行われ、還元される額も大きいとなると大変良心的な存在と言えます。