クリスマスプレゼントU 

2006年01月24日(火) 23時54分
せっかくサンタにもらったプレゼント
『大事にする』って決めたのに。

もぉ無くしちゃいそうだよ...。

ホントは手放したくなんてないのに
抱えてる僕の手は少しずつ弱くなってるよ。

大切な大切な宝物なのに...。

帰り道 

2006年01月10日(火) 23時59分
夕日が沈む帰り道
僕は一人無口になって
オレンジ色のアスファルト眺めてた
君は『怒ってるの?』なんて聞いたけど
怒ってなんかいやしなかった
ホントのホントは
君との別れが寂しくて
ただ必死に溢れそうな涙隠れるように
こらえてただけなんだ
ただ必死に泣き虫な僕ばれないように
突っ張ってただけなんだ

いつか 

2005年12月15日(木) 23時59分
やっと君のものになれた僕
すごくすごく嬉しくて
今がとっても幸せ
でも、急に寂しくなったりもするよ

幸せなコトだけ考えればいいのに
今が幸せすぎて 怖くなって
いつかのコト考えちゃうんだ

だから、僕が迷子にならないように
強く強く抱きしめていて
何処にもいけないように捕まえていて

僕もさ...
必死に君の腕、捕まえているからさ

想い 

2005年12月10日(土) 17時21分
街をぶらつくのも良いけれど...
今はまだ君に伝えたいコト沢山あるから...

まだ伝えきれてないこの想い
あの夜言いかけた
話しの続き
君には伝えたい
今なら君に伝えられる

誰より君が好き
出逢った瞬間
こんな想いになるなんて
想ってもいなかった

ボール 

2005年12月08日(木) 23時55分
君が転がしてくれたボール
どんなに深い意味があるのかな?

今の僕じゃまだまだ分かりそうに無いよ
ただ必死に君が放ったボール
拾うコトが精一杯で

今はまだ時間が必要

だけど、いつか、
君が投げてくれたボール
分かる日が来るよね?

僕はそぅ信じて明日から頑張って見るよ

コトバ。 

2005年12月05日(月) 23時21分
もしも君が僕の想いなんて
届かないくらい遠くにいても

僕はただ叫んで見るよ
空の彼方まで届くくらい
大きな声で『君の名前を』

僕はただ叫んで見るよ
何度でも何度でも
ただひたすら君の心に響くように

僕の想いと同じくらい大きな声で『大好き』と

夜空 

2005年12月02日(金) 20時29分
真っ暗な屋上で遠くの空を見つめていた。

もっともっと高い所に登ったら
『君の住んでいる空が見えるのかな』
そんな風に思ったんだ。

気付いたら一番高い給水タンクによじ登ってた。
少しだけ遠くまで見えるようになった。

だけどやっぱり、
君の住んでる空は見えなくて。

でもね、僕の空はずっと遠くまで続いてて
きっと君の空とつながってるんだよね。

1秒だけ束縛。 

2005年11月30日(水) 23時41分
いつも君のコト考えてばかりの僕。
たまに僕のコト忘れちゃう君。

『忘れてた』なんて寂しすぎるよ。

寂しすぎるよ。
寂しすぎる...。

沢山じゃなくていいからさ
僕のコトほんの少しだけ思い出して

ホントはさ
いつも僕のコト考えて欲しいけど

我慢する
1秒だけでもいいんだよ

24時間の中で1秒だけ

僕のコト考えてみて
僕のコト思い出してみて

忘れないで僕のコト。
忘れないよ君のコト。

坂道 

2005年11月29日(火) 22時24分
この先の見えない坂道は
どこまで続くのかな?

この降り坂、
いつか出くわす登り坂のため
きっとあるんだよ

高い高い登り坂を登るため
沢山沢山、助走してるんだね

 

2005年11月21日(月) 13時48分
今日まで同じ夢を見てた君
君は新たな夢を見るため
別の路を行くんだね

君とは今日でお別れ
明日から僕等、別々の道

きっと不安な時だってあるよ
だけど、もぉ戻れない
ただ前をみて歩くんだ

つらくなったら僕等を思い出して
今は別々の路だけど
僕らの路はどこかでつながっている

君ならきっと大丈夫

自信が無いなんて言うけどさ
君は僕に沢山のコト教えてくれた


頑張ろう 少しずつ前へ
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d-_-b__u-o-u10
読者になる
Yapme!一覧
読者になる