血圧は低いといけないのか?

March 05 [Wed], 2014, 14:51
血圧を気にする年頃になってしまいました。

そこで、血圧が低いのも高いのもいけない、ちょうど良いところがあるなんて聞いたことがあるのですが、本当にそうなのでしょうか。

ちょっと調べてみると血圧というのは、血液の圧力ですから、血圧が高いのは結果に圧力がかかり、血管に負担がかかっている状態ということです。

つまり、血圧が高いという人は、血圧に負担をかけ続けている度合いが高い人ということになります。

ということは、血圧が低いほど、血管に負担をかけてないため、良いということになるわけです。

高澤謙二氏の本を読むと、血圧は低ければ低いほど良いとも書いています。心臓にも血管にも負担をかけないためです。

もちろん、立ちくらみがするほど低いのは問題があるわけですが、血圧は低いほど良いのだそうです。

身体はひとつしかありません。大切にしたいものです。

それから黒ずみなどの身体の異変にも注意深くなった方が良いかもしれません。女性器の黒ずみ対策化粧品

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けっあつ
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cyxksjry/index1_0.rdf