安心して暮らせる注文住宅を建てるには?家作りの知識を増やす!

June 15 [Sun], 2014, 2:18
結婚して30代くらいになった夫婦(家族)は
自然と家を買う事を考えるようになります。

夢のマイホームを手に入れることは
誰しもが憧れることですね。

しかし、いざ家を建てるとなった時には、
住宅展示場に行って家の雰囲気をみて
予算と見合わせて決めるという流れが多いです。

中には自分たちの希望する間取りやデザイン
にしてくれる注文住宅で建てたいという人も多いです。

建売の場合だと決められた間取りしかないので、
妥協する部分というのがでてきます。

注文住宅にすれば、かなり自由に
要望を取り入れてもらえます。

そのときに疑問に思うのが、
工務店とハウスメーカー(HM)のどちらがいいのか?
という点です。

ほぼ同じ仕様でと考えると、
ハウスメーカーの方が割高になります。

ハウスメーカーは宣伝広告費やモデルハウスの経費などが
上乗せされるので、工務店に比べるとその分高額になります。

また、社会的信用がありますので、変な事はしないだろうと
いう安心を買っているという部分もあります。

だからと言って、工務店が信用できないわけではありません。

長年その土地で営業しているということは、
信用がなければ出来る事ではありません。

ですので、単純にどちらが優れているという事ではないのです。

個人的には、良い工務店を見つけることが
長い目で見ると一番大切なことだと感じます。

ただ、一生に一度の大きな買い物なので、
失敗したくないですよね。

そこで、簡単に良い業者の見分け方を紹介します。


■良い工務店(業者)の見分け方

・構造見学会を実施している

 構造見学会とは建築中の家を見れる見学会です。

 ですので、どのような素材の柱を使っているかとか、
 断熱材はきちんと入っているのかなど
 見かけではなく中身を見て判断できます。

 構造見学会を実施している工務店は良い業者です。

・施工実績を確認する

 その工務店が建てて8〜10年位の家を見に行ってみる事です。

 可能であれば工務店とは行かずに
 居住者の方の本音を聞けると
 確実に良い業者かどうかが見分けられます。

 もし、見せてもらえる家がないという事であれば
 別の工務店を探したほうが良いでしょう。


■自分で勉強する事も必要

一生住む家になるわけですから、
いくらいい工務店であっても丸投げすることは
おすすめできません。

ですから、家を建てるための最低限のことは
知識として知っておきましょう。

しかし、書店の雑誌などでは
なかなかピンポイントの情報を得られません。

そこで、建築会社の発行している資料で
勉強することをおすすめします。

アキュラホームは高品質ながら
価格を抑えた住まいが顧客に支持されて、
全国で累計10000棟を建てている建築会社です。

そのアキュラホームが理想の家作りのための
資料を無料で提供しています。

無料でもらえる条件はアンケートに回答することです。

WEB限定で先着1000名までなので、マイホームを
注文住宅で建てたいと考えている方は一読の価値があります。
    ▼▼ 無料資料請求はこちらから ▼▼