B型肝炎
2008.07.15 [Tue] 21:30

B型肝炎とはウィルス性の肝炎で性交渉や輸血や注射針の針刺し事故などなどが感染源となっています。母子感染の場合もあるようです。症状としては急性肝炎の時は全身の倦怠感と発熱ありそれから食欲がなくなり嘔吐が出始めます。慢性肝炎の時は自覚症状はあまりありません。倦怠感や食欲がなくなるぐらいです。治療法は急性の場合対症療法で慢性は肝庇護薬や抗ウイルス薬などを使ったりインターフェロンを使ったりします。